スペイン風邪(読み)スペインかぜ(英語表記)Spanish flu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペイン風邪
スペインかぜ
Spanish flu

1918~19年に大流行したインフルエンザ。20世紀最大の規模で,死亡者数では人類史における最大級の世界的流行(パンデミック)に数えられる。原因ウイルスは,インフルエンザウイルス A型(H1N1亜型)であったことが判明している。流行は 3波に分かれて起こった。第1波は第1次世界大戦中の 1918年3月初めにアメリカ合衆国カンザス州のファンストン基地から始まったとみられる。4月にこの基地からヨーロッパ西部に到着したアメリカ軍兵士らがウイルスを運んだと考えられており,7月にはポーランドにまで広がった。第1波のインフルエンザは比較的軽症であった。しかし夏の間に致死性のより高いインフルエンザの存在が確認され,1918年8月に猛威をふるい始めた。この第2波では感染者は肺炎が急速に進行し,多くは発症から 2日後には死亡した。第3波は続く冬に起こり,春には終結した。第2波と第3波による死亡者の約半数は,インフルエンザで死亡にまでいたることはまれな 20~40代であった。流行は世界中で起こり,まず港町で発生し,主要な運輸機関の経路に沿って町から町へと拡大した。インドでは少なくとも 1250万人が死亡したとみられ,アメリカでは約 55万人が,日本では 39万人が死亡した。全世界で推定 2500万人が亡くなり,その多くは第2波と第3波で命を奪われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スペイン風邪

1918(大正7)年から20年にかけて、全世界で猛威を振るった新型インフルエンザ(H1N1型)。アメリカに端を発して、第1次世界大戦中のヨーロッパなどに広がり、2千万~4千万人が死亡したといわれる。20世紀中に3回あった新型インフルエンザの大流行の中で最悪だった。日本では1918年秋から本格的に流行し始め、同年末と1920年初頭の2回のピークがあった。内務省衛生局の調べで、国民の4割の2300万人が感染し、39万人が死亡したとされる。最近の研究では、死者はもっと多く、45万~48万人といわれる。朝日新聞は当初は「西班牙(スペイン)感冒(かぜ)」などと書いたが、その後は「流行性感冒(流感)」「悪性感冒」などの呼称が一般的になった。

(2009-09-30 朝日新聞 朝刊 東特集D)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

スペインかぜ【スペイン風邪】

1918年(大正7)夏から秋にかけて世界的に流行した急性インフルエンザ。最初にスペインで流行したためこの名がある。死亡率が非常に高く、日本でも乳児の死亡率はこの年に最高値を示した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のスペイン風邪の言及

【インフルエンザ】より

…インフルエンザは周期的に流行することがその特徴であり,ほぼ10年ほどの間隔で大小の流行をくりかえしている。 インフルエンザ流行史でとび抜けて大きな災厄をもたらしたのは,〈スペイン風邪〉として知られる1918‐19年の世界的大流行で,かつてのペスト(黒死病)の惨禍を想起させる疫病史上の一大事件となった。その原発地について,最も可能性の高いのはアメリカと中国であった。…

※「スペイン風邪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スペイン風邪の関連情報