スポーツの日(読み)すぽーつのひ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スポーツの日
すぽーつのひ

10月の第2月曜日。「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培(つちか)うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」ことが趣旨の国民の祝日。1966年(昭和41)「国民の祝日に関する法律」の改正により建国記念の日、敬老の日とともに体育の日として追加制定された。それ以前は10月の第1土曜日がスポーツ振興法による「スポーツの日」とされていたが、1964年の東京オリンピック大会開会式の日を記念して10月10日が「体育の日」となった。その後の法改正により2000年(平成12)から10月の第2月曜日となり、さらに2020年(令和2)に名称を「スポーツの日」と改めた。各地で体力検定や運動会といった関係行事が繰り広げられる。

[森脇逸男 2021年2月17日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

スポーツ‐の‐ひ【スポーツの日】

国民の祝日の一。10月の第2月曜日。スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神をつちかうとともに、健康で活力ある社会実現を願う日。→ハッピーマンデー
[補説]もとは、昭和36年(1961)スポーツ振興法によって設けられた日の名称で、10月の第1土曜日とされていた。昭和41年(1966)に「体育の日」と改められて国民祝日となり、10月10日に固定ハッピーマンデー制度を経て令和2年(2020)より現名称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

スポーツの日

国民の祝日である「体育の日」の新名称。2018年6月20日に公布された「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」の施行に伴い、20年1月1日より名称が変更される。20年の東京五輪・パラリンピック開催をに、教育的な意味合いの強い「体育」から娯楽的な意味を含む「スポーツ」という言葉に改め、スポーツ本来の意義を広めることを目的としている。「体育の日」と同じ10月の第二月曜日と定められているが、20年のみ東京五輪の開会式が行われる7月24日に移されることになっている。

(2019-10-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android