コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマートテレビ すまーとてれびSmartTV

4件 の用語解説(スマートテレビの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

スマートテレビ

インターネットに接続された多機能テレビのこと。パソコンとテレビが融合したものとも言える。2011年1月、ラスベガスで開催された家電ショー「International CES」でサムスン電子LG電子が発表したのを機にこの言葉が広まった。主な機能に、映画やドラマなどをオンデマンドで視聴できる、YouTubeなどの動画をテレビで観られる、SNS機能を持つ、ゲームなどのアプリを楽しめる、といったことがある。14年4月現在、スマートテレビと銘打ったテレビが各社より販売されている他、SoftBankの「SmartTV」、J:COMの「スマートテレビ」、KDDIの「Smart TV Box」などのサービスも提供されている。

(2014-4-7)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スマートテレビ

地上波やケーブルなどの映像を受信する従来機能に加え、インターネットにも接続できるテレビ。スマートフォンに似た画面からアプリを選び、動画やゲームなどが楽しめる。電子情報技術産業協会(JEITA)によると、2011年からの4年間で2022万台が国内で出荷された。

(2015-04-15 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スマート‐テレビ

smart televisionから》インターネットを利用できる多機能型のテレビ。インターネットテレビとほぼ同義だが、特に、他の利用者が開発したゲームや動画のソフトダウンロードして楽しんだり、ツイッターなどのSNSを手軽に利用したりでき、スマートホンのように、より多様なコンテンツアプリケーションの利用を目指したものを指す。スマートTV

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スマートテレビ
すまーとてれび
Smart TVSmart Television

インターネットと接続して画像、音声、文字などさまざまな情報を双方向で楽しめる機能を備えたテレビ。電波放送とインターネット通信を融合した次世代テレビと位置づけられているが、厳密な定義はない。(1)インターネット経由で情報を入手できる、(2)多機能携帯端末(スマートフォン)やタブレット型端末、ゲーム機などと自由に接続できる、(3)アプリケーションなどの外部ソフトをダウンロードして自由に利用できる、(4)SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)との連携機能がある、などの条件を満たすテレビと考えられている。「番組に映った世界遺産の地図や歴史情報をリアルタイムで視聴できる」「過去の番組を検索し、友人とチャットしながら盛り上がる」「野球中継やアイドルの歌番組を自分の好みのカメラアングルから楽しむ」といった使い方が想定されている。
 産業界では、携帯電話がパソコン機能を取り込んでスマートフォンへ進化したように、テレビも通信技術と融合してスマートテレビという一大ヒット商品になると期待されている。日本のソニー、シャープ、パナソニック、東芝などが簡易なネットサービスを楽しめるスマートテレビをすでに発売しているが、アメリカのグーグル社やアップル社、韓国のサムスン電子やLGエレクトロニクスなどが関連技術開発で先行している。ただし利用できる技術や端末が企業ごとにばらばらになると、視聴者の使い勝手が悪くなる恐れがあるため、日本の放送局や通信会社、家電会社で構成する標準化団体は、2012年(平成24)から国際規格づくりを行っている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スマートテレビの関連情報