コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スライド関税 スライドかんぜいsliding tariff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スライド関税
スライドかんぜい
sliding tariff

輸入商品の輸入価格に対応して異なった税率を適用する関税従価税の一種といえる。一般に輸入価格に安定帯を設けて実際の輸入価格が安定価格帯を上回ると関税が逓減し,下回れば逓増するようにさせて,国内産業と需要者の利益を調整することがねらい。国際的に市況の変動が大きい商品に課せられることが多い。日本では鉱産物の一部およびタマネギについて実施している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

会計用語キーワード辞典の解説

スライド関税

輸入品の価格が低下すれば適当な関税を課す一方、輸入品の価格が上昇すれば無税となる関税。国内生産者と国内需要者の利害を調整する仕組みがとられており、無税となる付近で、輸入品の価格が高くなるにつれて関税額が減少していくような部分(スライド部分)を有する。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スライド関税
すらいどかんぜい
sliding tariff

輸入品の価格に応じて異なった関税率を適用する関税をいう。従価税や従量税と組み合わせることによって種々のパターンが考えられるが、通常は輸入価格に一定の幅の安定価格帯を設け、それを上回ると低関税率が適用され、それを下回ると高関税率が課される形をとっている。仕組みが複雑となる欠点があるが、国産品の価格と輸入品の価格との差を適度に調整し、国内産業や需要者の利益を保護することができる。こうした関税は、価格変動の激しい鉱産物や農産物などの国際商品に適用される場合が多い。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例