コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルフィン酸 スルフィンさんsulfinic acid

3件 の用語解説(スルフィン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルフィン酸
スルフィンさん
sulfinic acid

RSOOH (Rはアリール基もしくはアルキル基) で表わされる酸の総称。弱酸性化合物。遊離酸はあまり安定ではなく,酸化されてスルホン酸となる。スルホン酸塩化物の還元によって合成され,各種の金属イオンと塩をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スルフィンさん【スルフィン酸 sulfinic acid】

炭素原子にスルフィン酸基-SO-OHが結合した有機化合物の総称。亜硫酸H2SO3の-OHが一つ,炭化水素基に置き換わった形R-SO-OHをしており,一塩基酸として弱酸性を示す。一般に不安定なものが多く,徐々に分解してスルホン酸チオールエステルとスルホン酸を生成する。スルフィン酸を酸化するとスルホン酸となる。湿った状態あるいは溶液中ではとくに酸化されやすく,空気によってもスルホン酸に変わる。還元によりチオールが生成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone