コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルフィン酸 スルフィンさん sulfinic acid

3件 の用語解説(スルフィン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルフィン酸
スルフィンさん
sulfinic acid

RSOOH (Rはアリール基もしくはアルキル基) で表わされる酸の総称。弱酸性化合物。遊離酸はあまり安定ではなく,酸化されてスルホン酸となる。スルホン酸塩化物の還元によって合成され,各種の金属イオンと塩をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スルフィンさん【スルフィン酸 sulfinic acid】

炭素原子にスルフィン酸基-SO-OHが結合した有機化合物の総称。亜硫酸H2SO3の-OHが一つ,炭化水素基に置き換わった形R-SO-OHをしており,一塩基酸として弱酸性を示す。一般に不安定なものが多く,徐々に分解してスルホン酸チオールエステルとスルホン酸を生成する。スルフィン酸を酸化するとスルホン酸となる。湿った状態あるいは溶液中ではとくに酸化されやすく,空気によってもスルホン酸に変わる。還元によりチオールが生成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スルフィン酸の関連キーワードアルカン助色団水酸基スルホン酸酸基炭素鎖脱水縮合エピマー化陽イオン交換樹脂炭素優先指数

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone