コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルフィン酸 スルフィンさんsulfinic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルフィン酸
スルフィンさん
sulfinic acid

RSOOH (Rはアリール基もしくはアルキル基) で表わされる酸の総称。弱酸性化合物。遊離酸はあまり安定ではなく,酸化されてスルホン酸となる。スルホン酸塩化物の還元によって合成され,各種の金属イオンと塩をつくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

スルフィン酸

 RSO2Hで表される酸.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スルフィンさん【スルフィン酸 sulfinic acid】

炭素原子にスルフィン酸基-SO-OHが結合した有機化合物の総称。亜硫酸H2SO3の-OHが一つ,炭化水素基に置き換わった形R-SO-OHをしており,一塩基酸として弱酸性を示す。一般に不安定なものが多く,徐々に分解してスルホン酸チオールエステルとスルホン酸を生成する。スルフィン酸を酸化するとスルホン酸となる。湿った状態あるいは溶液中ではとくに酸化されやすく,空気によってもスルホン酸に変わる。還元によりチオールが生成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スルフィン酸の関連キーワード有機硫黄化合物スタッファー則酸ハロゲン化物有機酸

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android