スーダン遺跡群(読み)スーダンいせきぐん(英語表記)Sudan

翻訳|Sudan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーダン遺跡群
スーダンいせきぐん
Sudan

1990年頃からスーダンでは,ナイル川のダム建設計画で水没する地域の考古学調査を欧米各国の調査団により実施している。ここで発掘された遺跡の多くは中石器文化,新石器文化とされるもので,ハルツーム遺跡群と共通したものである。骨や角で作られた銛や釣針などの漁具細石器削器を主要なものとする石器,種々の刻線,沈線のある土器などをもつものである。漁労を主にした生活であったものと推測される。土器は古く,前8千年紀になるものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android