コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイフーリナ Lidiya Nikolaevna Seifullina

世界大百科事典 第2版の解説

セイフーリナ【Lidiya Nikolaevna Seifullina】

1889‐1954
シベリア出身のソ連の女流作家。1917年から本格的に作品を発表し始め,ソビエト初期のリアリズム文学の一翼をになった。ロシアの農村生活を直接よく知っていることが,彼女の強みだった。革命初期の浮浪児たちを描いた《犯罪者たち》(1922),農村の階級闘争を扱った《腐植土》(1922),革命思想に感化されてゆく農村女性を主人公とした《ビリネーヤ》(1924)などの小説が有名である。《ビリネーヤ》は25年に戯曲化され,舞台でも好評を博した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイフーリナ
せいふーりな
Лидия Николаевна Сейфуллина Lidiya Nikolaevna Seyfullina
(1889―1954)

ソ連の女流作家。地方の僧職者の家に生まれる。図書館司書、小学校教師、女優などを経験し、革命後に執筆活動を始めた。1924年からは中央誌に作品を次々と発表、冷静なタッチの素朴なリアリズムで革命の正義とともに民衆生活の矛盾、困難をも描いた。とくに農民生活の描写に優れ、革命によって精神的に解放された新しい農村女性を主人公とする中編『ビリネーヤ』(1924)が代表作。この作品はのちに作者自身の手で戯曲化され、ソ連以外にプラハ、パリなどで上演されて好評を博した。第二次世界大戦後は、女流作家の育成に力を注ぎ、大きな役割を果たした。[灰谷慶三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セイフーリナの関連キーワード3月22日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android