コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイヨウカリン

3件 の用語解説(セイヨウカリンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

セイヨウカリン

 →メドラー

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セイヨウカリン【Mespilus germanica L.】

庭木あるいは果樹として利用するバラ科の落葉小高木。メドラmedlarともいう。南ヨーロッパから西南アジアに分布し,ヨーロッパにかなり広く栽培されている。日本へは明治初期にアメリカから導入されたが,一般に栽培されるには至らなかった。現在では庭木として利用されているにすぎない。高さ6m前後となる。花は白色または淡紅色で径4cmほど。新梢の先端に1個つく。おしべは多く,花柱は5本。果実は秋に熟し,扁円形または洋梨形で,径3~5cm前後。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイヨウカリン
せいようかりん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セイヨウカリンの関連キーワード小手毬白山吹西洋実桜和林檎西洋花梨カランツキラジャ綿実

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone