コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイヨウカリン

世界大百科事典 第2版の解説

セイヨウカリン【Mespilus germanica L.】

庭木あるいは果樹として利用するバラ科の落葉小高木。メドラmedlarともいう。南ヨーロッパから西南アジアに分布し,ヨーロッパにかなり広く栽培されている。日本へは明治初期にアメリカから導入されたが,一般に栽培されるには至らなかった。現在では庭木として利用されているにすぎない。高さ6m前後となる。花は白色または淡紅色で径4cmほど。新梢の先端に1個つく。おしべは多く,花柱は5本。果実は秋に熟し,扁円形または洋梨形で,径3~5cm前後。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

セイヨウカリンの関連キーワードG. ハーバーラントカリン(花梨)ハーバーラントマルメロ

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android