コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セキトリイワシ Rouleina watasei

世界大百科事典 第2版の解説

セキトリイワシ【Rouleina watasei】

サケ目セキトリイワシ科の深海魚(イラスト)。体は真っ黒で,うろこがなく,全身に点状の発光器が散在するのが特徴。本州中部以南,九州から東南アジア海域にかけての大陸棚斜面の海底付近に生息し,おもに底引きトロールで採集される。体長約20cmに達する。体形は全体的に側扁し,尾柄部でその傾向がとくに強い。各ひれは体色より淡色背びれとしりびれは体の後半部でほぼ相対する。胸びれ,腹びれは体に比べ著しく小さい。頭部の前端と背縁部はまるみを帯び,吻長(ふんちよう)は眼径より著しく短い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セキトリイワシ
せきとりいわし / 関取鰮
slickhead
[学]Rouleina squamilatera

硬骨魚綱ニギス目セキトリイワシ科Alepocephalidaeの深海魚。体は黒くて細長く、30センチメートル余りになる。相模(さがみ)湾、駿河(するが)湾、土佐(とさ)湾、沖縄舟状海盆(しゅうじょうかいぼん)、台湾南部、フィリピンなど、東インド洋・西太平洋に広く分布する。310~1440メートルの深海域に生息し、底引網でまれにとれる。皮膚は厚く、側線上を除くと鱗(うろこ)がない。背びれと臀(しり)びれは体の後方にあり、脂(あぶら)びれがない。体は暗紫色で、微細な発光器が各部に点在する。セキトリイワシ科は世界各地の深海にすみ30種余りがいる。そのうち、日本には太平洋側の深海から20種ほどが確認されている。食用としての価値はほとんどない。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セキトリイワシの関連キーワードコンニャクイワシハゲイワシ原棘鰭類関取鰯関取鰮

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android