コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セキュリティ対策ソフトウェア セキュリティたいさくソフトウェア computer security software

1件 の用語解説(セキュリティ対策ソフトウェアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セキュリティ対策ソフトウェア
セキュリティたいさくソフトウェア
computer security software

ネットワークに接続されたコンピュータを襲うさまざまな危険性からコンピュータとその内部の情報を保護するために使われるソフトウェア。種々のソフトウェアが市販されている。対象となる危険性には,悪意のある不正なソフトウェアの侵入(コンピュータウイルスやスパイウェアなど),外部から勝手に送りつけられる電子メール迷惑メール),正規を装った電子メールウェブサイトログイン情報や個人情報を不正に取得する仕掛けをしている詐欺行為(フィッシング),子供に有害なウェブサイト,ウェブサイトに対する過剰なアクセスや書き換えなどの外部攻撃,ブラウジングソフトウェアなどから情報漏洩する「脆弱性」など,多くのケースが考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セキュリティ対策ソフトウェアの関連キーワードコンピューターネットワークスタンドアロンネットワークカードホストネットワークシステムスタンドアローン電子ネットワークネットワークコンピューターハートビートルータ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セキュリティ対策ソフトウェアの関連情報