コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セグメンテーション せぐめんてーしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

セグメンテーション

データの分割管理プログラムやデータを、複数のセグメント(メインメモリーの管理単位)に分割すること。また、メモリー空間をセグメントの集合体とみなして扱う方法。CPUがプログラムやデータを扱いやすくするために行う。また、セグメントを論理的なメモリー単位として、仮想記憶システムを構築する場合にも利用される。セグメント仮想メモリー通信メッセージの分割ネットワークの通信メッセージの単位を分割すること。データの連続した転送を制限し、ネットワークにかかる負荷を軽減する効果がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

セグメンテーション(segmentation)

区分。分割。
市場細分化。市場を区分けして、それぞれに応じた市場対策をとること。「マーケットセグメンテーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

DBM用語辞典の解説

セグメンテーション【segmentation】

セグメンテーションは、分割、分断の意味。市場細分化の手法。顧客ニーズが多様化・複雑化している現在、すべての顧客にすべてを提供していくことは不可能であり不効率である。そこで、マーケットを相対的に同質なニーズをもったいくつかの顧客集団に分割し、ターゲット(的)とすべき市場設定を行うべきであるという主張。一昔前、電通が大衆から分衆の時代に変わったと発表したが、現在、消費者は多様なグループに分かれる。消費者向け雑誌の種類の多さがそれを物語っている。市場セグメントのユニークな会社がある。米国クラリタス社である。クラリタス社は、米高消費社は、似たような人たちが同じような地域に住む傾向があるとして、郵便番号によって市場をライフスタイルでセグメント化した。図2は、地域を40のライフスタイルのセグメントした事例。一般に論じられている市場細分化の方法は(1)人口統計学的(デモグラフィック)セグメンテーション、(2)ライフステージ・セグメンテーション、(3)ライフスタイル・セグメンテーションである。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

ブランド用語集の解説

セグメンテーション

セグメンテーションとは市場細分化のことをいう。市場細分化の項参照。

出典 (株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

セグメンテーション【segmentation】

〔区分・分割の意〕
市場を分類し、その性格にあった商品を製造・販売すること。
コンピューターで、長文のプログラムを主記憶装置にロードするため、短い単位に分けること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

セグメンテーションの関連キーワードロイヤルティ・セグメンテーションワン・トゥ・ワン・マーケティングセグメンテーション・ストラテジーマーケットセグメンテーションターゲット・マーケティングターゲットマーケティングパイロット・スタディターゲットセグメント登録情報連動型広告エンハンスドモードマーケティングコンピューター価格ロイヤル戦略市場計画積極ロイヤル複数ロイヤル消極ロイヤルラジオ放送主記憶装置STP戦略

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android