セザール(英語表記)César

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セザール
César

[生]1921.1.1. マルセイユ
[没]1998.12.6. パリ
フランスの彫刻家。本名 César Baldaccini。マルセイユ美術学校,パリのエコール・デ・ボザールで学ぶ。 1950年代後半は廃鉄を用いて動物や昆虫をかたどった作品を作っていたが,50年代末に,自動車のボディを圧縮して直方体にした『コンプレッション (圧縮) 』の連作を始め,Y.クラインアルマンらとともにヌーボー・レアリストの1人とされた。 1967年ポリウレタンの膨張力を用いた『拡張』のシリーズを始めた。親指を巨大化した作品などでも有名。

セザール

分譲マンションを主力とする不動産会社。 1971年ジャパンプランニングセンターとして設立。 76年ジャパンプラン,79年ジャパンビルと改称後,84年現社名に変更。地域密着,短納期をモットーにした家族向けマンションを首都圏に展開し急成長した。リゾートマンションや首都近辺のリゾートホテルにも進出したが,現在ホテル部門の運営は子会社移管。売上構成比は,中高層住宅 96%,土地建物ほか0%,その他事業4%。年間売上高 527億 5200万円 (連結) ,資本金 92億 7400万円,従業員数 304名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

セザール

フランスの彫刻家。マルセイユ生れ。ヌーボー・レアリスムの活動に参加し,廃材や廃品,廃棄物を寄せ集めて構成するジャンク・アートの先駆的アーティストとなった。初期にはフランスの彫刻家ジェルメーヌ・リシエ〔1904-1959〕の影響を受けた昆虫や人体のブロンズ像を制作していたが,1950年代後半から,スクラップ工場で廃車を圧縮した〈プレス彫刻〉を発表し始める。彼の指示によって配置され圧縮された車体は,塗装の鮮やかな色彩が意外な効果を見せ,金属の塊としての存在感を放つ。近年ではポリエステルを流して固め巨大な親指を制作するなど,素材と対象の結びつきの意外性をユーモラスに表現している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セザールの関連情報