コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セザール César

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セザール
César

[生]1921.1.1. マルセイユ
[没]1998.12.6. パリ
フランスの彫刻家。本名 César Baldaccini。マルセイユ美術学校,パリのエコール・デ・ボザールで学ぶ。 1950年代後半は廃鉄を用いて動物や昆虫をかたどった作品を作っていたが,50年代末に,自動車のボディを圧縮して直方体にした『コンプレッション (圧縮) 』の連作を始め,Y.クラインアルマンらとともにヌーボー・レアリストの1人とされた。 1967年ポリウレタンの膨張力を用いた『拡張』のシリーズを始めた。親指を巨大化した作品などでも有名。

セザール

分譲マンションを主力とする不動産会社。 1971年ジャパンプランニングセンターとして設立。 76年ジャパンプラン,79年ジャパンビルと改称後,84年現社名に変更。地域密着,短納期をモットーにした家族向けマンションを首都圏に展開し急成長した。リゾートマンションや首都近辺のリゾートホテルにも進出したが,現在ホテル部門の運営は子会社移管。売上構成比は,中高層住宅 96%,土地建物ほか0%,その他事業4%。年間売上高 527億 5200万円 (連結) ,資本金 92億 7400万円,従業員数 304名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

セザール

フランスの彫刻家。マルセイユ生れ。ヌーボー・レアリスムの活動に参加し,廃材や廃品,廃棄物を寄せ集めて構成するジャンク・アートの先駆的アーティストとなった。初期にはフランスの彫刻家ジェルメーヌ・リシエ〔1904-1959〕の影響を受けた昆虫や人体のブロンズ像を制作していたが,1950年代後半から,スクラップ工場で廃車を圧縮した〈プレス彫刻〉を発表し始める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

セザールの関連キーワードオノレ・ド・バルザック(1799~1850)エステサロン/ヴィーナス・ビューティセザール・エストラード チャヴェスジャン‐フィリップ エコフェイジャン・ユーグ アングラードシラノ・ド・ベルジュラックマリー・フランス ピジェジャン・ピエール ジュネフィリップ レオタールクリストフ マラヴォワサンドリーヌ ボネールランベール ウィルソンバートラン タベルニエエコール・デ・ボザールセシル ド・フランスイポリット ジラルドみなさん、さようならヴァンサン カッセルカールトン・ホテルニコール ガルシア

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セザールの関連情報