コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セズネック

百科事典マイペディアの解説

セズネック

英国の美術史家,文学者。フランスのブルターニュ地方に生まれる。1928年パリの高等師範学校を卒業,イタリアに滞在してルネサンス研究に没頭,後に英国に渡り,ケンブリッジ大学,オックスフォード大学で教える。
→関連項目ワールブルク学派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セズネック【Jean Seznec】

1905‐83
フランスのブルターニュ地方に生まれ,主としてイギリスで活動した文学と美術史の研究者。1928年パリの高等師範学校卒業後,ローマ,フィレンツェ滞在を経て,ケンブリッジ大学,ハーバード大学,オックスフォード大学で教鞭を執り,72年以降オックスフォード大学名誉教授。代表的著作となった博士論文《異教の神々の系譜(神々は死なず)》(1940)においては,ギリシア・ローマの神々が中世の美術や著述の中に姿を変えて残存し,イタリア・ルネサンス期に,古典古代に彼らが有していた姿と意味とを再び結合しつつ復活した,とする説を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android