コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セトゥーバル Setúbal

デジタル大辞泉の解説

セトゥーバル(Setúbal)

ポルトガル南西部の港湾都市。サード川の河口に面し、リスボンの南東約30キロメートルに位置する。同国有数の商業港を有し、造船業、自動車工業、漁業が盛ん。カキ、およびモシュカテルというワインの産地として有名。ジェズスの教会サンジュリアン教会、郊外のサンフィリペ城をはじめ、歴史的建造物が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セトゥーバル
せとぅーばる
Setbal

ポルトガル南西部、エストレマドゥーラ地方の都市。リスボン南東30キロメートル、サード川河口の港湾都市で、人口9万1108(2001)。リスボン、ポルトの外港レーションエスに次ぐポルトガル本国第三の港で、商業港として石炭や燐(りん)鉱石を輸入し、セメントとパルプをおもに輸出する。漁港としての性格も強く、イワシ漁の基地であり、国内最大のカキの産地として名高い。自動車、化学、造船、製塩、食料品加工などの諸産業が発達する。1755年の地震により、古い建物の多くは崩壊した。[田辺 裕・柴田匡平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セトゥーバルの関連キーワードエストレマドゥーラ州ジョゼ・モウリーニョジェズス教会ポルトガルシザ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android