コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セナパティ Senapati

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セナパティ
Senapati

[生]?
[没]1601
インドネシア,ジャワ中部のマタラム王国の建設者。なかば伝説上の人物で,マジャパイト王国代官であったが,のちに独立の王国を建てたという。マタラムは周囲の小国を併合して急速に成長した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セナパティ【Senapati】

?‐1601
インドネシア,ジャワ中部のマタラム・イスラム王国の建設者。在位1582(一説には1574)‐1601年。パネンバハン・セナパティ・インゴロゴともいう。父キヤイ・グデ・パマナハンの代からマジャパイト国の代官として現在のジョクジャカルタ南東郊外のコタ・グデ付近に勢力を得ていた。セナパティは即位後,何度か北東部海岸地方を攻撃したが,これを完全に征服するにはいたらなかった。しかし,1601年に没した時には,すでに中部ジャワの大部分はその支配下に入っていたと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のセナパティの言及

【ジョクジャカルタ】より

…サンジャヤ朝シンドク王は天災または伝染病のために929年ころ都を東ジャワのクディリに移した。《ジャワ年代記》によれば,16世紀後半にジョクジャカルタ南東郊外のコタ・グデにキヤイ・グデ・パマナハンなる者が勢力を得,その子セナパティが再びマタラムの国号をもつ王国(マタラム・イスラム)を建てたと伝えられる。しかし彼およびその子パネンバハン・クラピアクについては不明の点が多い。…

※「セナパティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

セナパティの関連キーワードスルタン・アグン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android