コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セロウェ Serowe

デジタル大辞泉の解説

セロウェ(Serowe)

ボツワナ東部の都市。バマングワト族の中心地。肥沃な土地に恵まれ、農業が盛ん。初代大統領セレツェ=カーマの生地であり、彼を記念したレイヨウの像がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

セロウェ

ボツワナ西部の都市。首都ハボローネの北東約300kmにあり,バマングワト族の中心地。農業の中心地。病院がある。5万820人(2011)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セロウェ
せろうぇ
Serowe

アフリカ南部、ボツワナ東部にある町。人口3万3335(2000)。1902年に東方の町パラピエからこの地に移住した民族集団バマングワトの中心地として知られる。町は伝統的形態を保ち、首長の家とクゴトラKgotlaとよばれる集会場を中心に円形に広がる。町の中心にバマングワト出身のカーマ元大統領を記念した、ダイカー(レイヨウ)の銅像がある。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セロウェの関連キーワードベッシー ヘッドヘッド

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android