コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セロファン 〈フランス〉cellophane

デジタル大辞泉の解説

セロファン(〈フランス〉cellophane)

セロハン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セロファン
せろふぁん
cellophane

再生セルロース(再生繊維)の一つ。セルロース(繊維素)をアルカリと二硫化炭素で処理して得られたビスコース溶液を硫酸水浴中に凝固させて再生セルロースをつくるときに、ノズルの細孔を用いればビスコースレーヨンが、またスリット(間隙(かんげき))を用いるとフィルムが得られる。フィルムに柔軟性を与えるためにグリセリンを添加する。この柔軟剤を使用して連続的にフィルムを製造する方法は1912年にスイスのブランデンベルガーJacques Edwin Brandenberger(1872―?)により確立され、セルロースのセルと、透明というフランス語のdiphaneを複合させてセロファンと名づけた。透明性が良好で可視光線は95%透過し、紫外線、赤外線もよく透過する。引張り強度も大きいが、引き裂きには弱い。パラフィンやワックスなどの防湿剤に塩化ゴムなどを混入したものを溶液としてセロファンに塗布して防湿加工して、食品やたばこの包装に用いる。セロファンはヒートシール(熱封止)性がないのでポリエチレンをラミネート(積層化)したり、塩化ビニル共重合体やポリ塩化ビニリデンをコーティングして用いる。
 セロファンは印刷インキがのりやすいので美しいフィルム印刷が可能であり、また空気や水蒸気を通過しないので先のコーティングフィルムがインスタントラーメンなどの包装に広く使用されている。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セロファンの関連キーワード眼内レンズ(人工水晶体)のしくみウエットラミネーションビスコースケーシング水酸化ナトリウム薄膜(はくまく)三井化学東セロ凸版印刷(株)京阪セロファン井上 源之丞ピースラムネ亜硫酸パルプアイセロ化学Scotch溶解パルプ伊藤 伝三カブトガニ連(れん)遠山 孝三粘着テープゾルヤマト

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セロファンの関連情報