コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センショウグモ センショウグモ Ero japonica

2件 の用語解説(センショウグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センショウグモ
センショウグモ
Ero japonica

クモ綱クモ目センショウグモ科。クモを襲うクモの1種。体長 4mm内外。腹部が高く,その両側に円錐形の突起がある。体は灰黄色で,腹部背面に長毛がまばらに生えている。山地の草や低木の間,崖下などにみられ,サラグモなどの巣を襲ってそのクモを食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センショウグモ
せんしょうぐも / 戦捷蜘蛛・戦勝蜘蛛
pirate spider
[学]Ero japonica

節足動物門クモ形綱真正クモ目センショウグモ科に属する陸生動物。体長は4ミリメートルほどの黄色の小さいクモで、三角形の腹部の両肩に円錐(えんすい)状突起があり、前脚(ぜんきゃく)には黒い棘(とげ)が櫛(くし)状に並ぶ。造網性クモでありながら網をつくらず、ほかの造網性クモを襲いとらえて食う。英名はこの習性からつけられ、「海賊グモ」の意味である。また、戦捷(せんしょう)グモとは日露戦争の戦捷を記念してつけられたという。北海道から南西諸島にかけて分布する。同類にはオオセンショウグモやハラビロセンショウグモなどがある。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

センショウグモの関連キーワード痛くも痒くもない遅くも畏くも辛くも蜘蛛黄金蜘蛛子守蜘蛛居候蜘蛛蟹蜘蛛曇雲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone