セントジョン島(読み)セントジョンとう(英語表記)Saint John

翻訳|Saint John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントジョン島
セントジョンとう
Saint John

西インド諸島東部,バージン諸島中部の島。アメリカ合衆国領バージン諸島に属し,その主島セントトマス島の東にある。1493年クリストファー・コロンブスが「発見」。その後先住民のカリブ族は絶滅,1717年以降セントトマス島の植民者が入植し,黒人奴隷を導入。1733年奴隷の反乱があったことで知られる。肉牛飼育とベーラム(頭髪用香油)用の葉の採取が行なわれるが,島の大半はバージン諸島国立公園となっており,観光が主産業。面積 50km2。人口 4170(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

セントジョン‐とう〔‐タウ〕【セントジョン島】

Saint Johon Island》西インド諸島東部、小アンティル諸島北部の米国領バージン諸島の島。セントトーマス島の東約3キロメートルに位置する。中心地は西岸のクルーズベイ。火山性の島で深い緑に覆われ、その大半がバージン諸島国立公園に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android