コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントジョン島 セントジョンとうSaint John

翻訳|Saint John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントジョン島
セントジョンとう
Saint John

西インド諸島東部,バージン諸島中部の島。アメリカ合衆国領バージン諸島に属し,その主島セントトマス島の東にある。1493年クリストファー・コロンブスが「発見」。その後先住民のカリブ族は絶滅,1717年以降セントトマス島の植民者が入植し,黒人奴隷を導入。1733年奴隷の反乱があったことで知られる。肉牛飼育とベーラム(頭髪用香油)用の葉の採取が行なわれるが,島の大半はバージン諸島国立公園となっており,観光が主産業。面積 50km2。人口 4170(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セントジョン島の関連キーワードテクタイト計画

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android