セントメアリー大聖堂(読み)セントメアリーダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

セントメアリー‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【セントメアリー大聖堂】

St. Mary's Cathedral
アイルランド南西部、リムリック州の港湾都市リムリックにある大聖堂。12世紀にマンスター王ドナル=モー=オブライエンの居城の一部を利用して建造。ロマネスク様式の入口と回廊は12世紀、ゴシック様式の内陣と礼拝堂は15世紀のものとされる。リムリック最古の建造物の一。
アイルランド南東部、キルケニー州の都市キルケニーにある、19世紀半ばに建造されたゴシック様式の大聖堂。建造中、ジャガイモ飢饉(ききん)による財政難に陥ったため、建設当初の計画を変更した結果、塔の高さに比べ身廊が短くなった。
アイルランド南西部、ケリー州の都市、キラーニーにあるローマカトリック教会の大聖堂。19世紀半ばに、ネオゴシック様式の第一人者である建築家ウェルビー=ピュージンの設計で建造された。
オーストラリア、ニューサウスウェールズ州の州都シドニーの中心部にある大聖堂。ハイドパークに隣接。1821年に創設。火事で焼失したのち、1928年にネオゴシック様式で再建。同国におけるローマカトリック教会の中心として知られる。
マレーシアの首都クアラルンプールの市街中心部にある英国国教会の大聖堂。19世紀末、スルターンアブドゥルサマドビルを設計した英国人建築家により、ネオゴシック様式で建造。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android