コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーニョボス Seignobos, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーニョボス
Seignobos, Charles

[生]1854.9.10.
[没]1942.5.2.
フランスの歴史家。 1890年ソルボンヌの教授に就任。近・現代史専攻。厳格な史料批判に立脚する実証主義を主張。ブルゴーニュ地方の封建社会地域史研究のほか C.ラングロアとの共著『歴史学研究法入門』 Introduction aux études historiques (1897) は史料吟味の方法論を体系化したもので日本でも有名である。その他『文明史』 Histoire de la civilisation (86) ,『現代ヨーロッパ政治史』 Histoire politique de l'Europe contemporaine (97) などの著書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セーニョボス
せーにょぼす
Charles Seignobos
(1854―1942)

フランスの歴史家。パリのエコール・ノルマルで名著『古代都市』の執筆者クーランジェの教えを受け、パリ大学で史学を専攻。1883年に同大学の現代史の講座を担当する。『現代ヨーロッパ政治史』(1897)でアカデミー賞を受ける。前年発刊されたラングロアとの共著『史学研究序説』も好評をよんだ。実証史学の本領に分け入り、史実と史料を駆使して事実の真相に迫る史家の方法論を分析しくふうした好著とみられた。著述として、『第二帝政』(1930)、『フランス国民正史』(1933)、『ヨーロッパ諸民族比較史』(1938)など数多くを残す。なかでも『フランス国民正史』は、フランス革命の世界史的意義を自由と個人の尊厳に据え、共和精神と議会主義の理想を現実に照らして追求した実直な啓蒙(けいもう)書だが、おりから迫りくる国際危機と社会主義やファシズムの暴力に抗して、第三共和政の正義と正理を啓示し、国民必読の教程のように尊重された。[金澤 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

セーニョボス

生年月日:1854年9月10日
フランスの歴史家
1942年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

セーニョボスの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android