コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーニョボス セーニョボス Seignobos, Charles

2件 の用語解説(セーニョボスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーニョボス
セーニョボス
Seignobos, Charles

[生]1854.9.10.
[没]1942.5.2.
フランスの歴史家。 1890年ソルボンヌの教授に就任。近・現代史専攻。厳格な史料批判に立脚する実証主義を主張。ブルゴーニュ地方の封建社会地域史研究のほか C.ラングロアとの共著『歴史学研究法入門』 Introduction aux études historiques (1897) は史料吟味の方法論を体系化したもので日本でも有名である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セーニョボス
せーにょぼす
Charles Seignobos
(1854―1942)

フランスの歴史家。パリのエコール・ノルマルで名著『古代都市』の執筆者クーランジェの教えを受け、パリ大学で史学を専攻。1883年に同大学の現代史の講座を担当する。『現代ヨーロッパ政治史』(1897)でアカデミー賞を受ける。前年発刊されたラングロアとの共著『史学研究序説』も好評をよんだ。実証史学の本領に分け入り、史実と史料を駆使して事実の真相に迫る史家の方法論を分析しくふうした好著とみられた。著述として、『第二帝政』(1930)、『フランス国民正史』(1933)、『ヨーロッパ諸民族比較史』(1938)など数多くを残す。なかでも『フランス国民正史』は、フランス革命の世界史的意義を自由と個人の尊厳に据え、共和精神と議会主義の理想を現実に照らして追求した実直な啓蒙(けいもう)書だが、おりから迫りくる国際危機と社会主義やファシズムの暴力に抗して、第三共和政の正義と正理を啓示し、国民必読の教程のように尊重された。[金澤 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セーニョボスの関連キーワード階乗常用対数スターリングの補間公式Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone