ゼウクシス(英語表記)Zeuxis

世界大百科事典 第2版の解説

ゼウクシス【Zeuxis】

前464ころ‐?
ギリシアの画家。小アジアのヘラクレイアに生まれ,アテナイで活躍。スキアグラフォス(陰影画家)とも呼ばれたアポロドロスApollodōros(前430‐前400ころ活躍)の門下と伝えられる。徹底した写実の技法を用いることにより当代の最も著名な画家となった。大プリニウスによれば,あるとき,彼が描いたブドウの房を小鳥が実物とまちがえてついばみに来た,という。古代の文献は,彼はこのほか5人の美女の最も美しい部分を集めた美女ヘレネ,神々を従えて王座に座すゼウスなどを描いたと伝える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のゼウクシスの言及

【明暗法】より

…イタリア語そのままにキアロスクーロchiaroscuro(〈明・暗〉または〈光・影〉の意)ともいう。 アルベルティは《絵画論》の中で,光(明)は白,影(暗)は黒で表され,もっともすぐれた画家は白と黒で現実感を出せると述べ,古代ギリシアのニキアスとゼウクシスをその創始者とした。ここから,今日に至るまでアカデミズムの中心思想の中に,明暗のみによる素描を絵画の骨格とする理論が残った。…

※「ゼウクシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android