コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼネラル・モーターズ[会社] General Motors Corp.

世界大百科事典 第2版の解説

ゼネラル・モーターズ[会社]【General Motors Corp.】

世界最大のアメリカの自動車会社。略称GM。本社デトロイト。馬車製造家デュラントWilliam Crapo Durant(1861‐1947)により,彼が1904年に買い取ったビュイック社とオールズ・モーター社の合併により08年General Motors Co.として設立された。09年キャディラック・オートモビル社などを買収し,16年に現社名となる。設立後,数多くの中小の自動車会社を合併して事業を拡大した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のゼネラル・モーターズ[会社]の言及

【自動車産業】より

…つまり,自動車が普及するにつれて,単に価格を引き下げただけでは需要があまり拡大しないようになり,車種の多様性,性能,デザインといった非価格面の要素が重要になってきた。この需要構造の変化を背景に,ゼネラル・モーターズ社(GM)はキャデラック,シボレーなどの諸企業を買収して車種の多様化を図るとともに,流線形ボディの研究に力を入れて車のモデルを近代感覚のものに変えた。この結果,GM社の販売台数は急増し,T型フォードが生産中止となった1927年にはGMは乗用車の生産でフォードに代わってアメリカ第1の自動車メーカーとなった。…

【スローン】より

…アメリカの経営者。ゼネラル・モーターズ(GM)を世界最大の自動車会社に育て,今日の自動車産業ひいてはアメリカ大企業経営の基礎を築いた。コネティカット州に生まれ,1895年マサチューセッツ工科大学を卒業後,ハイヤット・ローラー・ベアリング社に入りその経営を立て直す。…

【フリント】より

…1904年世界初の自動車工場ビューイック・モーター・カンパニーが設立され,以後自動車産業都市として発達。ゼネラル・モーターズの工場群が立地し,労働人口の半数が同社に雇用されている。1919年創設のゼネラル・モーターズ・インスティチュートなどの大学がある。…

【ミシガン[州]】より

…湿潤大陸性気候の根雪地帯で日本の北海道に似ている。アメリカ自動車工業の中心地で,GM(ゼネラル・モーターズ)もフォード・モーター会社もこの州内に本社がある。19世紀には林業が盛んであったが,植林をしない略奪林業のため,19世紀末には伐採跡地のみになってしまった。…

※「ゼネラル・モーターズ[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゼネラル・モーターズ[会社]の関連キーワード富士重工業[株]GM[会社]

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゼネラル・モーターズ[会社]の関連情報