コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソサエティー society

翻訳|society

デジタル大辞泉の解説

ソサエティー(society)

《「ソサイエティー」とも》
社会。社交界。「インダストリアルソサエティー
会。協会。団体名などに付けて用いる。「ジャパンソサエティー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ソサエティー【society】

社会。社交界。 「ハイ--」
会。協会。団体。 「イングリッシュ-スピーキング--」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ソサエティーの関連キーワードダーウィン(Erasmus Darwin)ニューヨーク・シティ・バレエ団アーサー・E. クラウザーテリー・E. マクドゥガルピーター マンスフィールドロナルド ブラウンスティンケネス・B. ガードナーベアテ・シロタ ゴードン新自由主義[経済思想]ハーバート グレーザーデービッド トリンブルシドニー ブレンナーJ. マクドウォールアイザック シャピロローレンス オルソンD. マッケクロンダニエル イノウエバーバラ デミックジョン サルストンハイソサイエティー

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソサエティーの関連情報