ソニー・ミュージックエンタテインメント(株)(読み)そにーみゅーじっくえんたていんめんと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソニー・ミュージックエンタテインメント(株)
そにーみゅーじっくえんたていんめんと

音楽ソフト販売の大手企業。1968年(昭和43)ソニーとアメリカのコロンビア・ブロードキャスティング・システム社(現CBS社)の折半出資により設立されたシービーエス・ソニーレコードが前身。設立直後に、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」が大ヒットし、レコード会社として順調なスタートを切った。洋楽、邦楽の両分野でヒット作品を出し続け、アイドル、フォーク、ニューミュージック、ロックなど、いくつもの音楽の新しい流れを生み出し、アーティストの発掘・育成にも力を入れてきた。設立時から企画・制作、製造・販売を一貫して行う総合音楽企業を目ざし、生産設備などへの投資を積極的に進め、1982年にコンパクトディスク(CD)、89年(平成1)にレーザーディスク(LD)、92年にはミニディスク(MD)の生産を開始した。1988年にソニーによるCBS社レコード部門買収に伴い、合弁契約を解消してソニー全額出資の会社となった。1991年に社名をシービーエス・ソニーレコードからソニー・ミュージックエンタテインメントに改称。1999年12月株式上場を廃止し、2000年1月よりソニーの完全子会社となる。2001年には、レコード制作部門、営業部門、製造部門それぞれを子会社に分離。その後も再編を進め、統括会社として傘下の経営、管理を行っている。資本金1億円(2008)、売上高1694億円(2008年3月。連結ベース)。

[中村青志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる