コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MD えむでぃー

17件 の用語解説(MDの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MD

ソニーが開発した、直径2.5インチの光ディスク、または光磁気ディスクドライブの規格のこと。再生専用は光ディスクで、録音用は光磁気ディスク。音楽は、80分の録音が可能。2004年1月に、現行MDの録音時間を約10倍に拡張したMDの新規格「Hi-MD」が発表され、6月にはHi-MD対応プレイヤーが発売された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

MD

直径6.4cmの音声用光ディスク。カセットテープの半分ほどの厚さのカートリッジに収められている。「ミニディスク」の略称。ディスクには光磁気方式の録音・再生型(生ディスク)と光ディスクの再生専用型(ソフト商品)の2つがあるが、主流は録音・再生型。圧縮デジタル信号で録音・再生を行い、最大80分間の録音が可能。長時間記録可能なMDLP(Mini Disc Long Play mode)やパソコンから音楽をダビングするネットMD、大容量(1GB〈ギガバイト〉)メディアHiMDも実用化されている。

(麻倉怜士 デジタル・メディア評論家 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エム‐ディー【MD】[Mini Disc]

Mini Discソニーが開発した直径64ミリの光磁気ディスクによるオーディオシステム。再生だけでなく録音もでき、振動にも強い。ミニディスク。

エム‐ディー【MD】[merchandising]

merchandising》⇒マーチャンダイジング

エム‐ディー【MD】[magnetic disk]

magnetic disk》磁気ディスク。ハードディスクフロッピーディスクなどの記憶媒体コンピューター外部記憶装置などに用いられる。

エム‐ディー【MD】[missile defense]

missile defense》ミサイル防衛。攻撃者のミサイル(特に弾道ミサイル)によって被害が出ないよう、飛行中のミサイル迎撃ミサイルで攻撃し破壊すること。地上や艦船に配備する方式などがあり、宇宙空間で迎撃する研究も進められている。→ビー‐エム‐ディー(BMD)ティー‐エム‐ディー(TMD)

エム‐ディー【MD】[myotonic dystrophy]

myotonic dystrophy》⇒筋強直性ジストロフィー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

MD【エムディー】

ミニディスク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブランド用語集の解説

MD

MDとはマーチャンダイジングのことをいう。マーチャンダイジングの項参照。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

エムディー【MD】

ソニーが開発した音声録音用の光磁気ディスク。録音時間が60分・74分・80分のディスクがあり、それぞれ2倍または4倍に録音時間を延長できるモードがある。音声データの圧縮方式にはATRACを採用。◇「MiniDisc」から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

MD

〖merchandising〗

MD

〖Mini Disc〗
デジタル方式の小型録音再生機用の光磁気ディスク。直径 64mm。デジタル信号を圧縮技術により CD の約 5 分の 1 に圧縮、最大 74 分のデジタル録音・再生が可能。ミニ-ディスク。

MD

〖missile defense〗

Md

〖mendelevium〗
メンデレビウムの元素記号。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

MD

デジタルオーディオの光学ディスク「ミニディスク(MiniDisc)」の略称。1992年、ソニー株式会社が開発・発表した。MDメディアは直径64ミリで、全体がカートリッジ(カバー)に封入された形態。音楽の録音・再生ができ、ステレオモードで60分、74分、90分の3種類が発売された。基本的に音質の劣化がない、録音後にデッキ1台で編集が行える、文字入力が可能など多くの利点をもち、磁気記録媒体のカセットテープに取って代わる存在となった。2004年にはさらに高性能のHi-MDが発表されデータ記録媒体としての役目をも担ったが、11年に生産・販売終了。MD自体も、対応機種を販売していた各社がMD市場より相次いで撤退し衰退。ソニーも、13年3月をもってMDの再生・録音機器の出荷を終えると発表した。

(2013-2-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

MD
エムディー
mini disk

光磁気ディスクを用いた録音再生機で,ソニーが開発。デジタルオーディオ圧縮技術 (adaptive transform) の採用により,情報圧縮率は CDや DATの5分の1程度となっており,フロッピーディスク型のディスクは直径 64ミリと小型化されているが,録音時間は CDと同じ最長 74分。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MD
えむでぃー

コンパクトディスク(CD)の約半分の大きさの、直径6.4センチメートルの光ディスク。ミニディスクMini Diskの略。カートリッジに収められており、数十時間までの録音・再生が可能である。1992年(平成4)に日本のソニー社が発売。再生専用の光ディスクと録音・再生用の光磁気ディスクがあり、自社開発の、聴覚心理モデルに基づいた情報量の削減を行うデジタルオーディオ音声圧縮技術(ATRAC:Adaptive TRansform Acoustic Coding)により、CD並みの音質と録音時間が得られた。モノラル・モードとステレオ・モードがあり、文字記録も可能で、編集が容易で衝撃にも強いことから、携帯用や自動車用に期待された。しかし、先行したCDには及ばず、再生専用のMDは1999年に発売を中止した。録音・再生用は、2000年(平成12)に従来の2倍または4倍の時間の記録を可能にしたMDLP(Mini Disc Long-Play mode)、2001年にパソコンに録りためた音楽の転送が可能なNet MD(ネットエムディー)、2004年に45時間の録音が可能なHi-MD(ハイエムディー)、2005年に画像記録も可能なHi-MD PHOTO(フォト)などと改良は進んだが、iPod(アイポッド)(アメリカのアップル社の携帯音楽プレーヤー)の登場などにより海外ではほとんど普及せず、2007年には各メーカーが販売生産を停止。ソニー社も2011年に生産を終了し、2013年にはMD搭載機器の出荷も停止した。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のMDの言及

【記憶装置】より

…半導体メモリー用の素子として,1990年頃までは高速性が要求される用途ではバイポーラートランジスターが使われたが,MOSトランジスターが高速になったため,現在では高集積化が容易で消費電力が少ないMOSトランジスターがほとんどの用途に使われている。 半導体メモリーは素子の種類によってSRAM(スタティックRAM,エスラム),DRAM(ダイナミックRAM,ディーラム)などに分類される。SRAMは,シーソーのような二つの安定状態をもつフリップフロップ回路によって,1ビットの情報を電圧のかたちで記憶する。…

※「MD」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

MDの関連キーワードミニディスクHDDオーディオプレーヤーデジタルオーディオモバイルオーディオプレーヤーdigital audio disk携帯デジタルオーディオプレーヤーCDデジタルオーディオディジタルオーディオディジタルオーディオディスクマーカーディスク

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

MDの関連情報