コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松次郎 たかまつじろう

3件 の用語解説(高松次郎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

高松次郎【たかまつじろう】

美術家。東京生れ。本名新八郎。1958年東京芸大油絵科卒。1961年《点》シリーズ,1962年《紐》シリーズを読売アンデパンダン展等で発表。1963年ハイレッド・センター結成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高松次郎 たかまつ-じろう

1936-1998 昭和後期-平成時代の美術家。
昭和11年2月20日生まれ。38年赤瀬川原平,中西夏之ハイレッド・センターを結成し,反芸術運動を展開。47年東京国際版画ビエンナーレで国際大賞ほか,国際展でも受賞多数。「影」のシリーズなどつねに新しいコンセプトを追求し,戦後の前衛芸術の流れに影響をあたえた。平成10年6月25日死去。62歳。東京出身。東京芸大卒。本名は新八郎。作品に「遠近法のテーブル」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高松次郎
たかまつじろう
(1936―1998)

美術家。東京生まれ。本名新八郎。1958年(昭和33)に東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻を卒業。在学中は小磯良平に学んだ。卒業後、東映動画、シルバー編機製造に勤務しながら読売アンデパンダン展で作品を発表。62年に山手線内の車両内やホームで中西夏之(なつゆき)らとハプニングを行い、63年に中西、赤瀬川原平と美術集団「ハイレッド・センター」を結成し、集団イベントを繰り返す。64年以降、国内の現代美術展やパリ・ビエンナーレ(1967)、ベネチア・ビエンナーレ(1968)などで受賞が相次ぎ、その名が内外に知れるようになった。
 高松は、自らの美術についての思考を継続的に深めていくため、常にいくつかのシリーズ作品を並行して制作・発表していた。発表順には、ドローイング「点」(1961~64)、造形作品「紐」(1962)、絵画「影」(1964)、立体作品「遠近法」(1966~71)、絵画「波」(1968~75)、造形作品「弛(ゆる)み」(1968~72)、立体作品「石と数字」(1968~70)、木や石の一部を加工した「単体」(1969~72)、立体作品「複合体」(1972)、絵画「平面上の空間」(1973)などであるが、いくつものアイディアから生まれた作品を、シリーズ名によって整理した面もある。これらのタイトルからうかがえるように、高松は物の存在をとらえるのに文学的な形容や名辞にとらわれず、物理学的な視点を導入し、物と人間の存在のあいだにある「美」の拡大を目指した。たとえば「紐」は二次元に長く無限に伸び、都市・街路を覆い、立体物を包むこともでき、またそれを丸めれば三次元のオブジェにもなる。「影」は光と物の存在がなければ成立せず、しかも二次元の平面にすぎない。「遠近法」は、奥行きのある三次元の風景を二次元に変換する描法である。これらの物理的な発想の根源には、画布とイリュージョンの二次元で世界観を表明する運命から逃れられない「絵画」の絶対的条件がある。高松は二次元である絵画に対し、一次元の「点」、三次元の事物、さらに「時間」を示唆する要素を加えて四次元すら暗示させる作品を一貫して追求した。視覚機能をもった人間の存在と事物の実在性を突き合わせ、そこで各次元に縛られないイメージの解放を目指した。このような行為は日常的な規範を撹袢するものであった。たとえば「単体」シリーズは、直方体の無垢の石の上部表面だけを削り、破砕した破片を乗せたもの。ここでは削り取られた破片の粗(あら)削りな表情も含め、物理的実在性と眼と脳による認識とのあいだにずれが生じる。高松はそのずれを美的表現として提示し、事物と人間の関係を問いただした。
 こういった理知的な試みは、1960年代前衛美術における物質=事物をめぐる人間中心の関わりを切断し、ものと言葉の関係を構造として考えていく70年代美術の地平を開いた。生前の96年(平成8)に「高松次郎の現在」展(三鷹市美術ギャラリー、東京ほか)、没後の99年に「高松次郎――『影』の絵画とドローイング」展(国立国際美術館)、2000年に「高松次郎――1970年代の立体を中心に」展(千葉市美術館)などの回顧展が開かれた。[高島直之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高松次郎の関連キーワード岸信介内閣テレビドラマ新共和国連合上野山功一モノコックボディ高田(福岡県)光の科学史アイトマートフアラビア石油[株]ケラワック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高松次郎の関連情報