ソニー(株)(読み)そにー

日本大百科全書(ニッポニカ)「ソニー(株)」の解説

ソニー(株)
そにー

映像、音響分野を中心としたエレクトロニクスの世界的総合メーカー。1946年(昭和21)井深大(いぶかまさる)(1908―1997)、盛田昭夫(もりたあきお)(1921―1999)ら数名の技術者が創造的技術を理念に、東京・日本橋白木屋(後、東急百貨店日本橋店。1999年1月閉店)の3階を借りて設立した東京通信工業(株)が前身。当初は真空管電圧計などを製作していたが、1950年に日本で初めてテープレコーダーを完成、発売した。1953年にはトランジスタの研究を始め、1955年日本初のトランジスタラジオを発売。このとき商標にSONYを採用し、1958年には社名も現社名に改めた。1960年に世界最初の直視型トランジスタテレビを発売しテレビ市場に進出、1962年にマイクロテレビ、1968年には独創的なトリニトロン方式のカラーテレビを開発、注目を浴びた。VTRにも早くから取り組み、1965年に小型VTRを発売して家庭用市場を開拓、1971年にはビデオカセットプレーヤー、1975年には家庭用VTRベータマックスを発売した。オーディオ分野でも1977年に家庭用では世界最初のPCMオーディオユニット、1979年には軽量のステレオカセットプレーヤー「ウォークマン」を発売、人気を博した。1985年には世界に先駆けて8ミリビデオ、1992年(平成4)にはMD(ミニディスク)プレーヤーを発売している。また、1996年にパソコン「VAIO(バイオ)」、1999年にロボット犬「AIBO(アイボ)」を発売、いずれも同社の人気商品となった。

 国内ばかりでなく、世界市場を相手にという経営方針から輸出には当初より力を入れ、1960年以降は各国に生産、販売の現地法人を設立、さらに資金調達でも1961年に日本企業で初めてアメリカでADR(アメリカ預託証券)を発行し、1970年のニューヨーク、ロンドンをはじめとして1981年までに10か国、18の証券取引所に上場した。また1972年からは家電製品を中心に海外製品の輸入業務も本格化している。1987年アメリカのCBSレコード(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)を、1989年コロンビア映画(現ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)を買収。また、2001年4月には三井住友銀行、アメリカのJPモルガン・チェースと提携して、インターネット専業銀行「ソニー銀行」を設立した。2005年アメリカの映画会社MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)を、ソニーを含め、投資家グループや複数企業からなるコンソーシアムによって買収を完了。国内では2002年に音響機器メーカーのアイワを吸収合併。2004年プレイステーションなどの家庭用ゲーム機・ゲームソフトメーカーのソニー・コンピュータエンタテインメントを完全子会社化した。資本金6292億円、売上高8兆2957億円(2007年。連結ベース)。

[中村清司]

『ソニー広報センター編・刊『Genryu源流 ソニー創立50周年記念誌』(1996)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android