コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソベク(小白)山脈 ソベクさんみゃくSobaek sanmaek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソベク(小白)山脈
ソベクさんみゃく
Sobaek sanmaek

朝鮮半島の南部を北東から南西方向に延びる山脈。朝鮮半島の東岸に連なるテベク (太白) 山脈からテベク山付近で分岐し,半島の南西部で海に入ってタド (多島) 海を形成する。ファン (黄) 海に流入するハン (漢) 江,クム (錦) 江と,テハン (大韓) 海峡 (朝鮮海峡) に流入するナクトン (洛東) 江との分水界をなす。主として片麻岩から成り,老年期の地形で,山頂部は急傾斜であるが山麓はなだらかである。東側の花崗岩の地域では,差別浸食によってサンジュ (尚州) ,キムチョン (金泉) ,コチャン (居昌) ,ハミャン (咸陽) などの盆地が形成された。西側にはチナン (鎮安) をはじめとする高原面が展開する。植生は一般によくないが,ソンニ (俗離) 山,トギュ (徳裕) 山,カヤ (伽 倻) 山,チリ (智異) 山などは古くから知られた名山で,森林が保存され,国立公園に指定されている。ナクトン江流域のヨンナム (嶺南) 地方を他地域からへだてているが,古くから鞍部を越える交通路が開かれており,チュンニョン (竹嶺) 峠,チョリョン (鳥嶺) 峠,チュプンニョン (秋風嶺) 峠などが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソベク(小白)山脈の関連キーワードチュンチョンプク(忠清北)道キョンサンプク(慶尚北)道キョンサンナム(慶尚南)道クアンジュ(光州)直轄市チョルラプク(全羅北)道チョルラナム(全羅南)道ナムウォン(南原)市キムチョン(金泉)市チョンジュ(清州)市チュンジュ(忠州)市ムンギョン(聞慶)郡チェウォン(堤原)郡チョンジュ(全州)市クアンヤン(光陽)郡ファスン(和順)郡ナクトン(洛東)江ソムジン(蟾津)江コチャン(居昌)郡ヨンプン(栄豊)郡サンジュ(尚州)郡

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android