コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小白山脈 しょうはくさんみゃく

3件 の用語解説(小白山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小白山脈
しょうはくさんみゃく

「ソベク (小白) 山脈」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうはくさんみゃく【小白山脈 Sobaek‐sanmaek】

朝鮮半島南部の山脈。半島の脊梁太白山脈の中間にある太白山から分岐し,ほぼ南西方向に半島を横断して麗水半島に至り南海に没する。全長約350km。地質は片麻岩類を主体とし,ところどころに花コウ岩の噴出が見られる。浸食にさらされ,岩石を露出した奇岩奇勝の山地がいたるところに見られる。主峰の智異山(1915m),徳裕山(1504m),俗離山(1057m),小白山(1421m)などはいずれも信仰の山や観光地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小白山脈
しょうはくさんみゃく / ソベクサンメック

韓国(大韓民国)東部の太白山脈から分岐し、南西方向に延び、中部、嶺南(れいなん)、湖南の3地方の分水嶺をなす脊梁(せきりょう)山脈。智異山(1915メートル)、北徳裕山(1594メートル)、国望峰(1442メートル)、俗離山(1057メートル)などを擁し、韓国南部の広い範囲にわたって1000メートルを超える山地を形成する。小白山脈の地質は主として花崗片麻(かこうへんま)岩からなり、山麓(ろく)には侵食盆地が展開する。それらの盆地、たとえば慶尚南道の咸陽(かんよう)、山清、河東、居昌(きょしょう)、全羅北道の南原、全羅南道の求礼などは地方文化の中心地となっている。これらの市や邑(ゆう)(町)の間は険しい峠が交通の障害となっている。峠には栄州―丹陽間の鳥嶺(642メートル)、金泉―永同間の秋風嶺(548メートル)、咸陽―鎮安間の六十嶺(604メートル)などがある。[森 聖雨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小白山脈の関連キーワード江原道雪岳山太白山脈朝鮮半島洛東江狼林山脈脊梁山脈アペニノ[山脈]ミンダナオ[島]慶尚道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone