コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小白山脈 しょうはくさんみゃくSobaek‐sanmaek

世界大百科事典 第2版の解説

しょうはくさんみゃく【小白山脈 Sobaek‐sanmaek】

朝鮮半島南部の山脈。半島の脊梁太白山脈の中間にある太白山から分岐し,ほぼ南西方向に半島を横断して麗水半島に至り南海に没する。全長約350km。地質は片麻岩類を主体とし,ところどころに花コウ岩の噴出が見られる。浸食にさらされ,岩石を露出した奇岩奇勝の山地がいたるところに見られる。主峰智異山(1915m),徳裕山(1504m),俗離山(1057m),小白山(1421m)などはいずれも信仰の山や観光地となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小白山脈
しょうはくさんみゃく / ソベクサンメック

韓国(大韓民国)東部の太白山脈から分岐し、南西方向に延び、中部、嶺南(れいなん)、湖南の3地方の分水嶺をなす脊梁(せきりょう)山脈。智異山(1915メートル)、北徳裕山(1594メートル)、国望峰(1442メートル)、俗離山(1057メートル)などを擁し、韓国南部の広い範囲にわたって1000メートルを超える山地を形成する。小白山脈の地質は主として花崗片麻(かこうへんま)岩からなり、山麓(ろく)には侵食盆地が展開する。それらの盆地、たとえば慶尚南道の咸陽(かんよう)、山清、河東、居昌(きょしょう)、全羅北道の南原、全羅南道の求礼などは地方文化の中心地となっている。これらの市や邑(ゆう)(町)の間は険しい峠が交通の障害となっている。峠には栄州―丹陽間の鳥嶺(642メートル)、金泉―永同間の秋風嶺(548メートル)、咸陽―鎮安間の六十嶺(604メートル)などがある。[森 聖雨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小白山脈の関連キーワードクアンジュ(光州)直轄市ムンギョン(聞慶)郡チェウォン(堤原)郡クアンヤン(光陽)郡キムチョン(金泉)市チョンジュ(清州)市ナムウォン(南原)市チュンジュ(忠州)市ソムジン(蟾津)江ヨンドン(永同)郡コチャン(居昌)郡サンジュ(尚州)郡タニャン(丹陽)郡ファスン(和順)郡ヨンジュ(栄州)市ヨンプン(栄豊)郡ハドン(河東)郡ポウン(報恩)郡ソンニ(俗離)山チリ(智異)山

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android