コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソマリ半島 ソマリハントウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソマリ半島
そまりはんとう
Somali Peninsula

ソマリア半島」ともいう。アフリカ大陸が北東に大きく突き出た部分をさし、「アフリカの角(つの)」ともよばれる。突端にアシール岬がある。アデン湾に面した北岸にはアフリカ大地溝帯の南東縁から連なる山地があり、最高峰シンビリスShimbiris(スルド・アドSurud Ad)山は標高2408メートルに達する。その山地から南に向けて徐々に低くなり、インド洋に面した南東岸に至る。北岸山地のごく一部に森林がみられるほかは、砂漠、半砂漠が広がっている。[田村俊和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ソマリ半島の関連キーワードエチオピア人種エチオピア人

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android