コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソリカムスク ソリカムスクSolikamsk

2件 の用語解説(ソリカムスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソリカムスク
Solikamsk

ロシア中西部,ペルミ地方の都市。ペルミの北約 200km,カマ川左岸に位置する河港都市。ウラル地方における最も古い集落の一つで,15世紀初めに岩塩鉱山の町として開かれた。岩塩,カリウム塩の採掘と,これを元とした化学工業が盛んで,ロシア有数のマグネシウム工場が立地する。パルプ・製紙,木材加工などの工業もある。ペルミと鉄道,ハイウェーで連絡。人口 9万9318 (2006推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソリカムスク
そりかむすく
Соликамск Solikamsk

ロシア連邦中西部、ペルミ州の工業都市。ウラルのカマ川左岸に位置し、河港がある。人口10万6400(1999)。15世紀前半の岩塩採取に源を発した古い都市。17世紀末には製塩地としてウラル最大の人口を有した。その後衰えたが、ソ連邦形成後の1925年にカリ塩が発見され、カリ・コンビナートセルロース・紙コンビナートが建設されて再生した。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone