ソーダ(読み)そーだ(英語表記)soda

翻訳|soda

日本大百科全書(ニッポニカ)「ソーダ」の解説

ソーダ
そーだ
soda

普通は炭酸ナトリウムの俗称であるが、炭酸ナトリウム十水和物(結晶炭酸ナトリウム。結晶ソーダ、洗濯ソーダともいう)Na2CO3・10H2Oに限定して用いる場合がある。また、水酸化ナトリウム(カ性ソーダ)、炭酸水素ナトリウム(重曹)などを含める場合もある。さらに、ソーダ雲母(うんも)、ソーダミョウバンのように、化合物中の成分としてのナトリウムに対して用いることもある。

[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「ソーダ」の解説

ソーダ
ソーダ
soda

一般には,炭酸ナトリウムの略称.狭義には,結晶水をもった炭酸ナトリウム(結晶ソーダ)のこと.広義には,ソーダ工業製品のうち,炭酸ナトリウム,カセイソーダ,重曹などを一括してよぶこともある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ソーダ」の解説

ソーダ
soda

炭酸ナトリウムの俗称。またナトリウム化合物のナトリウムをソーダに置き換えて,硫酸ソーダ (硫酸ナトリウム) ,カセイソーダ (水酸化ナトリウム) などと呼ぶことがある。正式な化学名ではないが,化学工業の分野でよく用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ソーダ」の解説

ソーダ【soda】

炭酸ナトリウムNa2CO3の俗称。曹達と書くこともある。頭痛(の薬)を意味するアラビア語ṣudā‘に由来。広義には炭酸ナトリウムNa2CO3またはその水和物(俗称,炭酸ソーダ),水酸化ナトリウムNaOH(苛性ソーダ),炭酸水素ナトリウムNaHCO3(重炭酸ソーダ,略称重曹)の総称。狭義には結晶ソーダ(Na2CO3・10H2O,洗濯ソーダとも呼ぶ)をさす。また,11番元素ナトリウムNaを含むことを示す意味で,硫化ソーダ酢酸ソーダ,ソーダ鉄ミョウバンのように,化合物名としてのナトリウムをソーダでおきかえて使うこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のソーダの言及

【化学工業】より

…以上の分類は,互いに重複している部分もあり,必要に応じて使い分けられている。 化学工業のうち素材型化学工業(石油化学,アンモニア,ソーダ工業など)の製品は,中間財であることが多く,製品の差別性に乏しい大量生産品であるのに対し,加工型化学工業(医薬品,化粧品,染料,塗料,農薬工業など)は,細かな用途に応じた多様な製品を生産している。前者は,大規模な装置を必要とし,操業度を高めることが企業経営上重要であるのに対し,後者では,新製品開発力やきめ細かい販売政策などが経営上重要である。…

【炭酸ナトリウム】より

…化学式Na2CO3。俗に炭酸ソーダまたはソーダsodaと呼ばれる。無水和物はソーダ灰,10水和物Na2CO3・10H2Oは結晶ソーダまたは洗濯ソーダとも呼ばれる。…

※「ソーダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android