コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーヤ ソーヤ Soya, Carl Erik

2件 の用語解説(ソーヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーヤ
ソーヤ
Soya, Carl Erik

[生]1896.10.30. コペンハーゲン
[没]1983
デンマークの小説家,劇作家,詩人。多才で,初め劇評に従事,のち作家に転じて戯曲,小説,詩,またラジオにと縦横に活躍した。 1942年の小説『客』 En gæstがわいせつ文書罪に問われて2ヵ月の禁固刑

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソーヤ
そーや
Carl Erik Soya
(1896―1983)

デンマークの劇作家、小説家。コペンハーゲン大学を出てしばらく劇評の筆をとり、その後作家としてたつ。戯曲『お取り巻』(1931)は寄生虫的市民を軽妙に風刺して劇壇に清新の気を吹き込む。小説『客』では露骨に性を描いて2か月の禁固処分を受ける。1943年にはドイツ軍に監禁され、一時スウェーデンに亡命。思想的には社会主義に近いが、潜在意識に関心をもち、ときにグロテスクなまでに主題を鋭く浮き出させ、デンマークではもっとも人気ある作家。戯曲は『模様の断片』(1940)、『二つの糸』(1943)、『30年間の猶予』(1944)が代表作。小説は『祖母の家』(1943)、『17歳』(1953~54)などが知られる。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソーヤの関連キーワードコペンハーゲンコペンハーゲン学派コペンハーゲンブルースロッツホルメンコペンコンチェルト・コペンハーゲンコペンハーゲン 首相の決断コペンハーゲンカーニバルコペンハーゲン言語学集団コペンハーゲン大学天文台

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソーヤの関連情報