コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾウリエビ Parribacus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾウリエビ
Parribacus japonicus

軟甲綱十脚目セミエビ科。体長 15cm内外。甲は硬く,粒状突起と短毛で覆われる。体は背腹に平たいが,中央部がやや盛り上がる。頭胸甲の側縁には 8個の歯があり,第2歯,第3歯の間の切れ込みが深い。板状の第2触角柄の第2節,第4節はそれぞれ 8~9歯によって縁どられている。体は黄色ないし黒褐色で,尾扇は黄褐色地に黒褐色の斑点をもつ。胸部の関節部付近は黄色。房総半島以南のインド西太平洋の浅海に広く分布する。食用にされるが,個体数はあまり多くない。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵miniの解説

ゾウリエビ

エビ目セミエビ科のエビの一種。別名、タビエビ。成体の体長は15~20センチメートルほどで、全体に平たく、頭胸部は丸みのある四角形で、和名の通り草履のような見かけをしている。房総半島以南、南日本から台湾までの、水深10~30センチメートルの岩場や珊瑚礁域に棲む。セミエビの仲間では小振りだが、味は非常に良いといわれている。漁をする地元以外に流通することはあまりないが、2013年現在、インターネット通販により500グラム当たり1500円~2500円ほどで売られている。

(2013-9-2)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゾウリエビ
ぞうりえび / 草履蝦
[学]Parribacus japonicus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目セミエビ科に属するエビ。イセエビ用の刺網(さしあみ)にかかり、食用にされるが、多量に漁獲されることはない。房総半島から沖縄諸島、台湾までの水深10~30メートルの岩場にすむ。体長15センチメートルほどで、全体として背腹に扁平(へんぺい)であるが、ウチワエビほどではない。甲は著しく厚くて硬い。頭胸甲の中央部はやや高く、多数の顆粒(かりゅう)と粗い短毛で覆われている。側縁には鋭い8歯があるが、第2、第3歯の間の切れ込みが深い。額角(がっかく)は小さな五角板。第2触角も板状で、それぞれ8、9歯で縁どられている。胸脚ははさみをもたない。体色は黒褐色で、尾扇(びせん)は黄色地に黒褐色の斑点(はんてん)があり、歩脚の関節部も黄色を帯びる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゾウリエビの関連キーワード甲類

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android