コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウデニ タウデニ Taoudenni

2件 の用語解説(タウデニの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タウデニ(Taoudenni)

マリ北部の村。16世紀末より現在にいたるまで、西アフリカを代表する岩塩の産地。古くからサハラ砂漠を渡るラクダの隊商によりトンブクツに運ばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タウデニ【Taoudenni】

アフリカサハラ砂漠西部,現在のマリ共和国北部にある岩塩の産地。16世紀末,それまでこの地方でのおもな岩塩の産地だった,北方160kmのタガザに代わって,西サハラ随一の岩塩の供給地となった。その採掘はいまもまだ続いている。サハラ砂漠の岩塩は,アフリカ大陸とアメリカ大陸が分かれたとき流れ込んだ海水が乾燥してできたと考えられている。タウデニをはじめとするサハラ砂漠の岩塩床も,何重にもなった岩と塩の層を底まで掘り抜くと,下には塩水がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のタウデニの言及

【サハラ砂漠】より

…マリ,ソンガイの時代を通じてサハラから岩塩を供給したのはタガザの塩床であるが,その採掘権をめぐる紛争がもとで,サード朝モロッコのスルタンは西アフリカにまだ知られていなかった銃を装備した軍隊を送って,16世紀末ソンガイを滅ぼした。当時ほとんど掘り尽くされていたらしいタガザに代わって,その少し南のタウデニの塩床から岩塩が採掘されるようになり,タウデニとサハラの南の黒人社会を結ぶキャラバン交易は,現在まで続いている。 ほかに,チャド湖周辺のカネム・ボルヌー帝国とリビアを結ぶ交易,さらに東のダルフール王国とキレナイカ(現在のリビア東部)やエジプトを結ぶ交易も14世紀ころから行われた。…

※「タウデニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タウデニの関連キーワードガーナ王国トゥアトブラックアフリカホワイトアフリカサブサハラアフリカトンブクツアフリカのHIVサブサハラアフリカのHIV感染者タガザ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone