コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカネキマダラセセリ Carterocephalus palaemon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカネキマダラセセリ
Carterocephalus palaemon

鱗翅目セセリチョウ科のチョウ。前翅長 12mm内外。翅表は黒褐色の地に橙黄色の顕著な斑紋がある。裏面は地色が橙褐色で,表面と同様の斑紋がある。幼虫はイネ科のイワカリヤスを食べ,1世代に2年を要する。本州,サハリン,朝鮮,シベリアからヨーロッパにかけてのユーラシア大陸北部,北アメリカ北部に分布する。日本産は亜種 C. p. satakeiといい,飛騨・赤石両山脈の高山帯に局限され,高山チョウの1種に数えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカネキマダラセセリ
たかねきまだらせせり / 高嶺黄斑
chequered skipper
[学]Carterocephalus palaemon

昆虫綱鱗翅(りんし)目セセリチョウ科に属するチョウ。日本では本州中部地方の特産種。北アルプスおよび南アルプス(仙丈ヶ岳(せんじょうがたけ)付近のみ)の2000メートル以上の高地に産し、高山チョウの一つに数えられる。国外では朝鮮半島北部からヨーロッパにわたるユーラシア大陸の北部、アメリカ大陸の北部に広く分布する。はねの開張27ミリメートル内外。6月下旬から7月上旬より発生して8月に及ぶが、一般的には7月中旬ころが発生の盛期である。本種は1世代の完了に足掛け3年を要するもので、1年目の冬は3齢幼虫、2年目の冬は5齢幼虫で越す。幼虫の食草はイネ科のイワガリヤスである。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタカネキマダラセセリの言及

【高山蝶】より

…英語でAlpineといえば,タカネヒカゲ類のことを指す。 本州の高山チョウは,クモマツマキチョウ(イラスト),ミヤマシロチョウ,ミヤマモンキチョウ,オオイチモンジ,コヒオドシ,タカネキマダラセセリ,ベニヒカゲ,クモマベニヒカゲ,タカネヒカゲ(イラスト)の9種とされる。ミヤマシロチョウ,ベニヒカゲ,タカネヒカゲを除く残り6種はヨーロッパまで分布しているもので,日本では遺存種と見なしうるものである。…

※「タカネキマダラセセリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タカネキマダラセセリの関連キーワード仙丈ヶ岳高山蝶特産種白水

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android