コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タコニック変動 タコニックへんどう Taconic orogeny

2件 の用語解説(タコニック変動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タコニック変動
タコニックへんどう
Taconic orogeny

古生代オルドビス紀北アメリカ大陸アパラチア山脈に起こった地殻変動。この変動によって,アパラチア地向斜に堆積した厚い累層は圧縮し山脈化した。またセントローレンス川からハドソン川に通じるローガン線と呼ばれる衝上断層帯は,この運動によってできた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タコニック変動
たこにっくへんどう
Taconic orogeny

アパラチア造山運動に含まれる一つの変動で、北アメリカの北部アパラチア山脈アメリカ合衆国カナダにまたがる)で、古生代オルドビス紀に起こったもの。タコニック造山運動ともよばれる。この変動により、オルドビス紀までの地層が褶曲(しゅうきょく)、衝上断層帯(しょうじょうだんそうたい)をつくり、変成作用、花崗岩(かこうがん)の貫入なども生じて陸化し、シルル紀にはタコニック変動が起こった地域の西側に多量の砕屑物(さいせつぶつ)を供給した。タコニック変動は、イギリスとスカンジナビア半島でのカレドニア造山運動と同じ時期のものであり、約2億年前にパンゲアが分裂して大西洋が開き始める前は、北アメリカのアパラチア造山帯からヨーロッパのカレドニア造山帯まで一続きの造山帯であったことがわかっている。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タコニック変動の関連キーワードオルドビス紀海蕾海林檎オルドビス系旧古生代新大陸直角石北米汎アメリカ主義北アメリカ大陸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone