コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タシルンポ寺 タシルンポじbKra shis lhun po

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タシルンポ寺
タシルンポじ
bKra shis lhun po

中国チベット自治区シカツェにあるチベット仏教黄帽派四大僧院の1つ。ツォンカパの弟子で,後代ダライ・ラマ1世とされたゲンドゥン・トゥプにより 1447年創建。パンチェン・チューキ・ゲンツェンがここに住持したのち,その転生者のみが住し,ツォンカパの弟子ケドゥプジェ・ゲレク・ペルサン (1385~1438) を転生系譜の祖と強調した。3つの顕教学堂とほかに1つのタントラ道場をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タシルンポじ【タシルンポ寺 bkra shis lhun po】

中国チベット,ツァン地方シガツェにあり,ゲルー派四大寺の一つ。ツォンカパの弟子で,後代ダライ・ラマ1世とされたゲンドゥン・トゥプパにより1447年に建立され,政権を樹立したダライ・ラマ5世によりパンチェン・ラマ1世の没(1662)後,その転生者が住持するように定められた。三つの仏教哲学研修学堂と一つの密教実践道場があり,20世紀初めころは僧徒3500を擁したといわれる。【山口 瑞鳳

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タシルンポ寺
たしるんぽじ
bKra-is lhun-po

中国では札什倫布、札什魯穆布。チベット仏教黄帽派(ゲルクパ派、ゲルク派)の大本山。寺名は、この寺が建てられた山タシルンポ(吉祥山)に由来する。チベット第二の都市であり、ツァン地方(西チベット)の都シガツェの南西約2キロメートルの山麓(さんろく)にある。ガンデン寺、セラ寺、レプン寺とともに同派の四大本山をなす。1447年、のちにダライ・ラマ1世とされたツォンカパの高弟ゲンドゥントゥプdgedun grup(1391―1474)が建立。歴代パンチェン・ラマが座主(ざす)となり、ツァン地方の政教両権を行使した。往時は約6000人の僧侶(そうりょ)、3学堂から構成され、6霊堂があったが、文化大革命によって破壊され、僧侶約600人、一部の霊堂のみ残る。[渡辺章悟]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタシルンポ寺の言及

【シガツェ】より

(プール)ラシャやカーペット工場などがある。1447年,チベット黄教四大寺の一つタシルンポ(札什倫布)寺が建立され街は発展,そのためシガツェはタシルンポとも称される。明末にはパンチェンの居住地とされた。…

※「タシルンポ寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

タシルンポ寺の関連キーワードシガツェ(日喀則)市チベット(自治区)ラマ廟

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タシルンポ寺の関連情報