コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タスクバー たすくばー

5件 の用語解説(タスクバーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

タスクバー

Windowsのデスクトップに表示されるバーのこと。起動しているアプリケーションや開いているフォルダなどがボタンで表示され、クリックするとそのウィンドウが最前面に表示される。初期設定では、デスクトップ下側に表示されるが、ユーザーの好みに応じて、上下左右に移動できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

タスクバー

ウィンドウズの画面の最下段に表示される横長のバーのことです。スタートボタンと通知領域に挟まれるかたちで、実行中のソフトやウィンドウがボタンとして並びます。ウィンドウズVistaまでは動作中のソフトのウィンドウだけが表示されましたが、ウィンドウズ7や8では動作中かどうかに関わらずソフトのアイコンが並びます。動作中のソフトはアイコンが必ず表示され、クリックするとウィンドウを切り替えられます。実行していないソフトのアイコンは事前に登録されたものだけが表示され、よく使うソフトを起動するのに使います。
⇨ジャンプリスト、スタートボタン、通知領域

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タスク‐バー(task bar)

ウインドウズの操作画面における下端部分。アプリケーションソフトを起動するスタートボタンや、起動中のソフトウエアファイル名常駐ソフトアイコンなどが表示される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

タスクバー【task bar】

Windowsの操作画面に表示される帯状の部分。アプリケーションソフトを起動するためのスタートボタン、起動中のアプリケーションソフトの種類を示すアイコン、ファイルの名称などが表示される。一般的に画面下端にあるが、上端または左右に配置することもできる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タスクバー
たすくばー
task bar

マイクロソフト社のWindows(ウィンドウズ)のデスクトップ画面下端部(通常位置。上下左右端へ移動可)に表示される帯状の部分。スタートボタンや起動中のアプリケーション、開いているフォルダなどのアイコンが表示され、とくに常駐プログラムのアイコンや時刻が表示される部分はタスクトレイという。Windows 95から搭載されており、各バージョンによって表示される項目と機能は異なる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タスクバーの関連キーワードウィンドウエクスプローラバーサイドバーステータスバーウィンドウズ98ウィンドウズMeバルーンウィンドウズ2000クラシック表示メイリオ

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タスクバーの関連情報