コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチシノブ Onychium japonicum (Thunb.) Kunze

世界大百科事典 第2版の解説

タチシノブ【Onychium japonicum (Thunb.) Kunze】

ホウライシダ科の多年生シダ植物。シノブに似ているが,地上生で,葉も大型なため,この和名がある。根茎は匍匐(ほふく)し,密に葉をつける。葉は細かく3~4回羽状に分裂して,全体無毛。胞子をつける葉は全体に大型で,長さ40~80cm,葉柄は通常,紫褐色に色づく。胞子囊群は細長い裂片の辺縁に向きあって生じ,葉縁が折れかえった膜状の包膜につつまれる。胞子は四面体形。福島県以南の暖地の木陰や日なたにやや普通に見られ,斜面や岩場などの水はけのよい場所を好む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タチシノブ
たちしのぶ / 立忍
Japanese claw ferncarrot fern
[学]Onychium japonicum Kunze

イノモトソウ科の常緑性シダ。冬でも緑の葉を茂らせるところから、カンシノブ(寒忍)ともいう。形態はシノブ科のシノブに似ており、匍匐(ほふく)する根茎から、3、4回羽状複葉の葉をつけ、高さ30~60センチメートルになる。栄養葉と胞子葉の二型があるが、栄養葉は胞子葉よりも小さい。関東地方以西の暖地に生じ、中国、インド、パキスタン、ミャンマー(ビルマ)、フィリピンなどにも分布する。中国では地下部を解毒、利尿、止血などに薬用し、フィリピンでは葉汁を脱毛防止薬として用いる。[栗田子郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タチシノブの関連キーワードオニキオプシスイノモトソウ科立羊歯冬忍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android