コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タックアンダー タックアンダー tuck under

2件 の用語解説(タックアンダーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タック‐アンダー(tuck under)

飛行機が遷音速域で飛行するとき、主翼に衝撃波が生じることにより、次第に機首が下がっていく現象。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タックアンダー
たっくあんだー
tuck under

航空機が音速の80~90%(マッハ数0.8~0.9程度)の速度で飛行しているとき、ある速度を超えると、それまでとは逆に機首下げの状態に入る現象をいう。翼の上面に生じている衝撃波が強くなって翼の風圧中心が後方へ移動することや、衝撃波によって翼上面の気流が剥離(はくり)したり、揚力係数の減少によって、水平尾翼へ向かって吹き下ろしている気流の角度が急激に変化することによって発生する。対策としては自動操縦装置や専用の矯正装置を働かせることや、設計の際にあらかじめ水平尾翼を吹き下ろしの影響を受けない位置におく、あるいは高速飛行でも衝撃波が強くならないような翼型を採用する、などの方法がある。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タックアンダーの関連キーワード上反角超音速機セスナ紙飛行機ソニックブーム単機高翼飛行機単葉機断面積の法則超音速飛行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone