タックル

精選版 日本国語大辞典「タックル」の解説

タックル

〘名〙 (tackle)
ラグビーで、ボールを持った相手チームのプレーヤーに組みついて倒すか、ボールを地面に触れさせて前進を阻むこと。〔モダン語漫画辞典(1931)〕
② レスリングで、相手の下半身に組みついて倒す技。
③ 組みつくこと。一般に、走っている相手に組みついて倒すこと。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「いきなり飛び上がって私のかざした絵に我儘いっぱいなタックルをしてくるのです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「タックル」の解説

タックル(tackle)

[名](スル)
体当たりすること。走る相手に組み付くこと。「逃げる犯人にタックルする」
ラグビーで、球を持っている相手チームの選手に組み付いて倒すか、ボールを地面に触れさせて前進を阻むこと。
アメリカンフットボールで、スクリメージの際のラインの中軸となるポジション。
釣り道具。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android