コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマゴタケ

栄養・生化学辞典の解説

タマゴタケ

 [Amanita caesarea].ハラタケ目テングタケ科テングタケ属のキノコで,食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

タマゴタケ

テングタケ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タマゴタケ
たまごたけ / 卵茸
[学]Amanita hemibapha (B. et Br.) Sacc.

担子菌類、マツタケ目テングタケ科の華麗な食用キノコ。高さ10~20センチメートル。傘は径8~15センチメートル、表面は真紅ないし濃朱色で平滑、周辺には放射状の溝筋(みぞすじ)がある。ひだは橙黄(とうこう)色で茎に離生する。茎は橙黄色ないし黄色で表面に濃い色の斑紋(はんもん)を帯び、上部に同色の膜質のつばがある。根元は厚い膜質の大きな白いつぼで包まれる。胞子は広楕円(こうだえん)形で非アミロイド。形態は猛毒のタマゴテングタケの仲間に似るが、タマゴテングタケ類では、傘の周辺に溝筋がなく、胞子はアミロイド。
 タマゴタケは7~9月、広葉樹林に多く生える。分類学的には長い間、ヨーロッパのカイゼルキノコ、すなわちオウシュウタマゴタケA. caesarea (Fr.) Qul.と同種とみなされていたが、実は東南アジア系のA. hemibaphaであることがわかった。北方系のオウシュウタマゴタケは日本ではまだ発見されていない。
 タマゴタケは傘が紅赤色のものを基本系とするが、黄色系と褐色系もある。黄色系のものをキタマゴタケsubsp. javanica Corner et Bas、褐色系のものをチャタマゴタケsubsp. similis (Boed.) Corner et Basという。これら三者は亜種の関係にある。キタマゴタケは日本の各地に発生するが、チャタマゴタケは日本ではきわめてまれで、大分県と熊本県で発見されただけである。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタマゴタケの言及

【テングタケ】より

…前者にはタマゴテングタケ(イラスト),ドクツルタケのような致命的な猛毒菌があり,後者にはテングタケ,ベニテングタケのような毒菌があるが致命的ではない。なお前者の中にはタマゴタケA.hemibapha (B.et Br.) Sacc.のような食用菌もある。タマゴタケのかさは濃い赤,周辺部に放射状にならぶみぞ線があり,ひだ・茎・つばは濃い橙黄色,つぼは大きく純白色できわめて美しい。…

※「タマゴタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タマゴタケの関連キーワードタマゴテングタケ

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android