コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマナヤガ タマナヤガ Agrotis ipsilon; black cutworm

3件 の用語解説(タマナヤガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマナヤガ
タマナヤガ
Agrotis ipsilon; black cutworm

鱗翅目ヤガ科。幼虫が農作物の大害虫となることで知られるヤガ。成虫の前翅開張幅は 44~59mm。体は太く,前翅は暗褐色で各種の紋があるがあまり目立たない。後翅はやや透き通った白褐色で周縁部は暗色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タマナヤガ【Agrotis ipsilon】

鱗翅目ヤガ科の昆虫。ほとんど全世界に分布。真の原産地明らかでないが,このような種はつねに多食性で,人為的な環境によく耐え農作物の害虫となることが多い。開張約5cm。前翅は灰褐色,後翅は白色で,翅脈と外縁部のみが暗色を呈する。成虫には多少の移動性があり,発生地から拡散する習性がある。日本全国に見られ牧草地に集中的な被害を生ずることがあるが,東北地方以北では越冬不能といわれる。本州中部では6~7月ころから秋にかけ出現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タマナヤガ
たまなやが / 玉菜夜蛾
the dark sword grass
[学]Agrotis ipsilon

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。ほとんど全世界に分布するため、原産地は明らかでないが、南アメリカとする説もある。はねの開張50ミリメートル内外。前翅は灰褐色、後翅は白色であるが翅脈と外縁付近は暗色を帯びる。幼虫は草食性で、しばしば作物や飼料作物に被害を与えるほか、成虫には中距離の移動性があり、造成牧草地に着地したガから幼虫の大発生をみることがある。日本では北海道以外に広く分布するが、越冬可能な北限はおよそ東北地方南部であるという。本種は、ヤガ科のうちのモンヤガ亜科に属し、この亜科のガはユーラシアの内陸草原、アフリカのサバンナ地帯に多数の種を分布する。幼虫は土中の地表近くに潜み、夜間に活動して草本や農作物の根際をかみ切って食べるのでネキリムシともよばれている。[杉 繁郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タマナヤガの関連キーワードヒメイエバエ夜蛾ヤガ(夜蛾)ルビーロウムシイラガ(刺蛾)カレハガ(枯葉蛾)コナガ(小菜蛾)トリバガ(鳥羽蛾)ナシケンモン(梨剣紋)バクガ(麦蛾)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone