コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマンヌガラ国立公園 タマンヌガラこくりつこうえんTaman Negara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマンヌガラ国立公園
タマンヌガラこくりつこうえん
Taman Negara

旧称ジョージ5世国立公園。マレー語でタマンヌガラは国立公園を意味する。マレーシア,マレー半島中央部,ケランタン州パハン州トレンガヌ州にまたがる公園。面積 4400km2。 1938年設立。タハン山 (2187m) を中心とし,熱帯雨林が保存されている。インドヤギュウインドゾウ,スマトラサイ,トラ,ヒョウ,スイロク (大型のシカ) などがすむ。観光は,マラヤ鉄道上のクアラリピスから,パハン川やその支流トゥンベリン川を小型船でさかのぼり,クアラタハンに出るコースが一般的。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タマンヌガラ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【タマンヌガラ国立公園】

Taman Negara National Park》マレーシア、マレー半島中部にある国立公園。パハン州・クランタン州・トレンガヌ州にまたがり、同半島最高峰のタハン山を含む。熱帯雨林や石灰岩の丘陵が広がり、テンベリン川に流れ込む多数の支流が谷を刻む。ゾウ・トラ・バクなど希少な野生動物が生息し、先住民オランアスリの集落がある。タマンネガラ国立公園。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

タマンヌガラ国立公園の関連キーワードクアラテンベリンケニル湖

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android