タマンヌガラ国立公園(読み)タマンヌガラこくりつこうえん(英語表記)Taman Negara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマンヌガラ国立公園
タマンヌガラこくりつこうえん
Taman Negara

旧称ジョージ5世国立公園。マレー語でタマンヌガラは国立公園を意味する。マレーシア,マレー半島中央部,ケランタン州パハン州トレンガヌ州にまたがる公園。面積 4400km2。 1938年設立。タハン山 (2187m) を中心とし,熱帯雨林が保存されている。インドヤギュウインドゾウ,スマトラサイ,トラ,ヒョウ,スイロク (大型のシカ) などがすむ。観光は,マラヤ鉄道上のクアラリピスから,パハン川やその支流トゥンベリン川を小型船でさかのぼり,クアラタハンに出るコースが一般的。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タマンヌガラ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【タマンヌガラ国立公園】

Taman Negara National Park》マレーシア、マレー半島中部にある国立公園。パハン州・クランタン州・トレンガヌ州にまたがり、同半島最高峰のタハン山を含む。熱帯雨林や石灰岩の丘陵が広がり、テンベリン川に流れ込む多数の支流が谷を刻む。ゾウ・トラ・バクなど希少な野生動物が生息し、先住民オランアスリの集落がある。タマンネガラ国立公園。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android