タラウマラ(英語表記)Tarahumara

世界大百科事典 第2版の解説

タラウマラ【Tarahumara】

メキシコ北部チワワ州の乾燥した山岳・丘陵地に住むウト・アステカ語系の原住民。言語的にはヤキに近く,文化的にはウイチョルに類似している。約7万5000の人口の多くはスペイン語も併用する。3亜文化集団から成り,タラウマラ全体としては政治的統一体を形成していない。トウモロコシ,豆,カボチャ,トマトの栽培のほか,ヤギ,牛の飼育に携わり,狩猟・採集もその補助的重要性を失っていない。夏季は冷涼な山岳地で板造の家に住み,ランチェリアという世帯集合を形成するが,冬季は家畜を伴い温暖な谷間の日乾煉瓦や石造の家あるいは洞窟で過ごすという,一種の移牧を行う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タラウマラ
たらうまら
Tarahumara

メキシコ北西部チワワ、ソノラ、シナロアの各州に住む先住民集団。言語はユト・アステカ語族に属するタラウマラ語で、彼らの東に住むヤキYaquiなどが話すカイタ諸語と非常に近いことばである。人口は約5万人。自称はララムリ(足の速い人)。居住地はロッキー山脈から南に連なる西シエラ・マドレ山脈中の起伏のある山岳地帯である。この土地はけっして農耕に適してはいないが、アメリカ合衆国南西部からメキシコ北部の乾燥地帯に住む他の先住民たちと同じように、悪条件に巧みに適応している。生活単位は拡大家族であるが、近隣の人々の間での協力関係が緊密である。トウモロコシ、カボチャ、マメ類などを栽培する農耕を行うが、狩猟や漁労が条件の悪い農耕を補うものとして重要である。生業形態などを取り上げると、文化的にタラウマラはヤキなどのカイタ系諸族やパパゴPapagoなどの南アサバスカン諸集団と多くの共通点がある。しかし儀礼的には南の高文化地帯の影響を強く受けている。長くイエズス会伝道会の保護下に置かれてきたが、周辺の他の先住民に比べて文化変容の程度は小さい。といっても、伝統的な宗教観念がカトリックとかなり混じり合っていることは事実である。[木村秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android