コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターキントン Tarkington, (Newton)Booth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターキントン
Tarkington, (Newton)Booth

[生]1869.7.29. インディアナポリス
[没]1946.5.19. インディアナポリス
アメリカの小説家,劇作家。プリンストン大学中退。インディアナ州議員 (1902~03) 。初め画家を志望したが,のち文筆で立ち,政界の腐敗をえぐった処女作『インディアナ出の紳士』 The Gentleman from Indiana (1899) ,『ムッシュー・ボーケール』 Monsieur Beaucaire (1900) など多くの小説,戯曲を発表。なかでも思春期の少年を扱った『ペンロッド』 Penrod (14) ,『17歳』 Seventeen (16) ,中西部の一家の歴史を描く『すばらしいアンバソン家の人たち』 The Magnificent Ambersons (18,ピュリッツァー賞) ,平凡な一女性を描いた『アリス・アダムス』 Alice Adams (21,ピュリッツァー賞) は有名。ほかに回想録,書簡集など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ターキントン【Newton Booth Tarkington】

1869‐1946
アメリカの小説家,劇作家。インディアナ州出身。パデュー大学,プリンストン大学中退。地方政界の腐敗を描いた《インディアナ出の紳士》(1899)をはじめ,中西部を扱った作品が多く,《素晴らしいアンバソン家の人々》(1918)と《アリス・アダムズ》(1921)はピュリッツァー賞受賞。ユーモラスな少年物語《ペンロッド》(1914)とその続編も好評で,20世紀初めの人気作家として,多数の作品を書く。【池田 孝一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ターキントン
たーきんとん
Newton Booth Tarkington
(1869―1946)

アメリカの作家。インディアナ州出身。プリンストン大学卒業。故郷中西部の小都市を舞台とする作品が多く、腐敗政治や暴力と闘う青年記者を描いた出世作『インディアナ出の紳士』(1899)、思春期の少年の物語『ペンロッド』(1914)、平凡な家庭の少女の満たされない野心に照明を当てた『アリス・アダムズ』(1921)などがある。なお戯曲『ムッシュー・ボケール』(1901初演)は、彼自身の、18世紀イギリスを舞台とする同名の冒険小説(1900)を脚色したもの。[小原広忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ターキントンの関連キーワード7月29日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android