コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タービン油 タービンゆ turbine oil

3件 の用語解説(タービン油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タービン油
タービンゆ
turbine oil

潤滑油の一種。発電用の水力タービン蒸気タービン,船舶動力用タービンなどの軸受に利用されるほか,低圧の油圧機械の作動油,減速機の潤滑など用途は広範囲にわたる。一般に高度に精製した鉱油で添加剤 (酸化防止,錆止め極圧添加剤) を含まない無添加タービン油水力タービン,工業用各種設備機械など,稼働条件の比較的安定した範囲で利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タービン油【タービンゆ】

水タービン(水車)や蒸気タービンに用いられる潤滑油。適正な粘度をもち,酸化しにくく長時間の連続使用に耐え,さび止め作用があり,水と分離しやすく乳化しにくいこと,泡(あわ)立ちしにくいことなどの性質が要求される。
→関連項目潤滑油

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タービンゆ【タービン油 turbine oil】

水力タービンや蒸気タービンに用いられる潤滑油。タービンならびにこれに連結される発電機や送風機,推進機などの軸受の潤滑に用いられるほか,大型タービンにおいてはカップリングの潤滑,舶用タービンでは減速歯車の潤滑にも同時に用いられる。また,蒸気タービンでは作動流体である高温蒸気によって軸受や減速歯車が高温にさらされるが,この熱をタービン油が運び去り,冷却の役目もになっている。そのほか,タービン油は調速装置の油圧作動媒体として,また機械全体をさびから守るなどの働きも期待されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タービン油の関連キーワード衝動タービンタービン発電機抽気タービン背圧タービン反動タービン再熱タービン軸流タービンエアタービン水力タービン蒸気タービン船

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone