コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウガフピルス ダウガフピルス Daugavpils

4件 の用語解説(ダウガフピルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウガフピルス
ダウガフピルス
Daugavpils

旧称ドビンスク Dvinsk (ロシア語) ,ドイツ語デューナブルク Dünaburgラトビア南東部の都市。ダウガバ (西ドビナ) 川にのぞみ,首都リガの南東約 200kmに位置する。 1278年にドイツ騎士団が築いた要塞を中心に発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ダウガフピルス(Daugavpils)

ラトビア南東部、ゼムガレ地方の都市。ダウガバ川沿いに位置する。首都リガに次ぐ同国第2の都市。13世紀にリボニア騎士団が建てた城を中心に建設し、当時はドイツ語名でデュナブルクと呼ばれた。その後ポーランド帝政ロシアに支配され、モスクワワルシャワ間の鉄道の経由地となった。皇帝アレクサンドル3世によりドビンスクと改称され、ラトビア独立後の1920年に現名称になった。ナポレオン1世によるロシア遠征時に帝政ロシア軍の拠点となったダウガフピルス要塞が有名。ダウガウピルス。ダウカフピルス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダウガフピルス

ラトビアの南東部の都市。ダウガバ川に沿い,リトアニアベラルーシとの国境近くに位置する。地名は〈ダウガバ川の城〉を意味し,町は1270年代にドイツのリボニア騎士団が築いた要塞に起源をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダウガフピルス
だうがふぴるす
Даугавпилс Daugavpils

ラトビア共和国の都市。首都リガに次ぐ共和国第二の都市であり、人口11万4829(2000)。ロシア語名ドビンスクДвинск/Dvinsk、ドイツ語名デューナブルクDnaburg。ダウガバ(西ドビナ)川の河岸に位置し、河口近くの首都リガから南東220キロメートル上流にある。鉄道交通の要地で、木材、農産物(とくに穀物、亜麻(あま))の集散地。化学、金属加工、食品、軽工業が盛ん。機関車修理工場は有名。1275年リボニア騎士団によって建設された古い都市で、以後ロシア、ポーランド、スウェーデン、ドイツの各国が領有を争った。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダウガフピルスの関連キーワードアブハダウガフピルス要塞デュナブルクДвинскバウスカバウスカ城リバウルンダーレ宮殿ビアフラダウガウピルス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone